キャスレーコンサルティング 技術ブログ
  • HOME>
  • キャスレーコンサルティング 技術ブログ

こんにちは。
キャスレーコンサルティングSI(システム・インテグレーション)部の内田です。

今回は、Node.jsベースのWebアプリケーションフレームワーク「Meteor」を、
MicroSoft製のソースエディタ「Visual Studio Code」上で、開発環境を作って動かしてみたいと思います。

(続きを読む…)


こんにちは!
キャスレーコンサルティングSI(システム・インテグレーション)部の栗田です。

最近巷では、公開APIを使用したwebサービスが流行っておりますね!
しかし、自分でwebサービスを始めたいと思っても、お店の情報などを一から収集していくのは、ほぼ不可能ですよね…。
そんな時こそ、公開APIです!

【公開APIとは】

様々なサイトが情報を公開しており、
こちらからAPIを利用してリクエストを投げることで、そのサイトの情報を取得が出来ます。
(ちなみに、グルメサイトから行政機関まで、様々なAPIを公開しています。)

それでは、簡単なものを作成して、外部APIの仕組みを理解していきましょう!

(続きを読む…)


こんにちは。キャスレーコンサルティングSI(システム・インテグレーション)部の佐藤です。
今回は、「dot言語でFizzBuzzを可視化する」というテーマになります。

FizzBuzzの結果を、グラフ理論でよく使用されるdot言語で表し、
それをGraphvizを元に作成されたviz.jsを用いて可視化します。

基本的に、今回はdot言語の入門編であるため、
可視化するにあたっては、「こうしてみたらどうなるだろう」をコードに移してみる形をとっています。

使用するのは、以下の通りです。


Visual StudioでPython!

Posted on 10月 25, 2017

こんにちは、キャスレーコンサルティングのTS(テクニカル・サービス)部の江本です。

今回は、日本でもかなり普及してきたPythonの導入方法を紹介します。
対象者としては、これからPythonをやってみようと思っている開発者の卵達や、
同一の環境で開発を行おうと思っている開発者を対象とします。 (続きを読む…)


PostgreSQL暗号化

Posted on 10月 18, 2017

0.はじめに

こんにちは。
キャスレーコンサルティング、SD(システム・デザイン)部の大原です。

私が過去に担当したプロジェクトで、セキュリティ面を考慮して、「登録するデータを暗号化してDBに保存したい」というご要望がございました。
そのプロジェクトで使用するDBがPostgreSQLだったため、PostgreSQLの拡張モジュールを使用する事で、
「登録するデータを暗号化してDBに保存したい」というご要望に応える事ができました。

そこで本ブログでは、PostgreSQLの拡張モジュールを使用して、データの暗号化(復号化)を行い、
DBに保存する方法を、簡単ではございますが、ご紹介させて頂きたいと思います。

1.実行環境と初期状態

1-1 実行環境

OS:windows10
PostgreSQL:9.6

1-2 インストール済み拡張一覧

DB自体作ったばかりなので、拡張モジュールは特に使えません。

postgreSQL1

2.暗号化拡張モジュールアクティベート

2-1 アクティベートと確認

対象のDBにログインして、拡張モジュールをアクティベートします。
この作業はDBごとに適用されます。また管理者権限が必要です。

postgreSQL2

2-2 暗号化関数動作確認

postgreSQLの拡張モジュールは、共通鍵/公開鍵どちらも対応しています。

・共通鍵で暗号化するイメージ

共通鍵

・公開鍵で暗号化するイメージ

公開鍵

今回は、共通鍵にします。

postgreSQL3

暗号化アルゴリズムの指定もできますが、ここでは省略します。デフォルトはAES128だそうです。
アルゴリズムで迷ったら、CRYPTREC暗号リストを参考にしておけば、とりあえず問題ないのではと思います。

3.テーブル作成 ⇒ データ格納 ⇒ データ確認

postgreSQL4

①暗号化したデータを格納するテーブルを用意します。
pgp_sym_encryptの返り値は、バイト配列なのでデータ型はbyteaです。
create table table1(id serial, val bytea);

②暗号化しながらテーブルにデータを挿入します。
insert into table1 (val) values (pgp_sym_encrypt(‘キャスレー’, ‘pass’));

③挿入されたデータを確認します。
select * from table1;

4.復号データ取得

postgreSQL5
①格納した暗号文を復号しながら取り出します。
select id, pgp_sym_decrypt(val, ‘pass’) from table1;

②当然、パスワードを違えれば取り出せません。
select id, pgp_sym_decrypt(val, ‘password‘) from table1;

③復号しながら検索条件としても使えます。
オーバーヘッドはかかりますが、GroupBy, OrderByの条件としても使えます。
select id, pgp_sym_decrypt(val, ‘pass’) from table1 where pgp_sym_decrypt(val, ‘pass’) = ‘コンサルティング’;

5.さいごに

・鍵の扱いについて
・パフォーマンスについて 等
業務で使用する場合には他にも色々考える必要があるかとは思いますが、
よりセキュアなシステムのためには、このようなモジュールを使うことも一つの手段かと思います。

最後まで、お読みいただきありがとうございます。


こんにちは。
キャスレーコンサルティングSI(システム・インテグレーション)部の中田です。

今回は、Excelのセルの書式比較をVBAで機械的に行う方法をご紹介します。

1.はじめに

Excelでは、セルの値はExact関数や=記号などを使用して比較することができますが、
セルの書式設定は、比較することができません。(比較する関数がありません)

比較対象のセルが数件程度であれば、セルの書式設定ウィンドウから
各項目のプロパティ値を目視で確認し、比較することも難しくはありません。

しかし、対象件数が数十、数百件以上存在する場合は、目視による確認は難しく、
確認漏れやミスが発生する可能性が高くなります。

そこで、セルに保持している書式設定のプロパティ値をプログラム(VBA)で
機械的に突き合せることで、正確かつ効率的に比較を行うことができます。 (続きを読む…)


こんにちは。
キャスレーコンサルティングSI(システム・インテグレーション)部の小寺です。

今回はMastodonのソースを参考に、数独のwebアプリを作り、その要素技術を紹介していこうと思います。

今回使用する技術(レシピ紹介)

以下が、今回のレシピになります。

【OS】
CentOS 7
【DB】
PostgreSQL9.6
【言語】
Ruby 2.4.1
JavaScript
【その他】
rbenvhaml-rails
React
Redux
ECMAScript 2015
Webpacker
dotenv-ruby

(続きを読む…)


こんにちは、キャスレーコンサルティング CSVクリエーション部:平野です。
またまた一年ぶりにブログを書きます。よろしくお願いします。
今回はcssでエレベーターを作って、動くおじさんを乗せてみたいと思います。 (続きを読む…)


こんにちは。キャスレーコンサルティング システムデザイン部の阿部です。

今回は、CSSのtransformプロパティを活用し、HTMLとCSSのみによる三次元図形の作成とその操作を行ってみました。

まずは完成図です。
各Λをクリックすることでそれぞれの方向に動き、中央の○をクリックすることで初期表示に戻ります。

(続きを読む…)


こんにちは。
キャスレーコンサルティングのSI(システムインテグレーション)部の田中(雅)です。

Rubyを利用して、CSV,XML,JSON でのファイル出力・入力について考察していきます。
プログラムを組む時に、どの形式のファイルにするかなどを決める際の、参考にして頂ければ幸いです。 (続きを読む…)


12345...1020...

  • Profile
    キャスレーコンサルティングの技術ブログです。
    当社エンジニアが技術面でのTips、技術系イベント等についてご紹介いたします。
  • CSV社長ブログ
  • チーム・キャスレーブログ