はじめに

初めまして、キャスレーコンサルティング SI(システム・インテグレーション)部の松本です。

業界3年目にして、実行計画を一度も見たことがなかった私が、
「実行計画とは何か、どのように取得するのか。」について調べた結果をまとめました。

※本ブログでは、PostgreSQL Tutorialより提供されているdvdrentalというDBをサンプルに用いております。 (続きを読む…)


お疲れ様です!
キャスレーコンサルティングのSI(システム・インテグレーション)部の栗田です。

ここ最近、何となくウェブサーバーを立ててみたいと思い、今回のテーマを思いつきました。
(ざっくりすぎですが…。)

ただ立てるだけでは味気なく思い、方向音痴な自分へのプレゼントも兼ねて、
「今回は地図上の最短ルートを検索するサイトも作成してみよう!」
と思います。

map
(こんな感じのよくあるものです。) (続きを読む…)


こんにちは、キャスレーコンサルティング SI(システム・インテグレーション)部 石田です。
本ブログはアプリケーション開発ではなく、インフラ向けの技術ブログです。

今回は筆者が現場業務にあたって改めて学習した内容の中から、DB2のバックアップについて紹介します。

[参考文献] 即戦力のDB2管理術 著作者:下左粉 昭 出版:技術評論社

データベース設計、特にデータベースバックアップで生かせる技術です。
データベースバックアップの要件は多岐に渡りますので、今回は「DB2におけるデータベースの差分バックアップ取得」を
想定して紹介させて頂きます。

目次

1. データベースバックアップ
2. DB2におけるデータベース差分バックアップ
3. 最後に (続きを読む…)


こんにちは。SI部の安江です。

今回は、DBA(DataBaseAdministator)になりたての技術者向けに
「SQL文を作るSQL文」の活用方法を紹介したいと思います。

 

SQL文を作るSQL文って?

RDBMSを扱うシステムにおいて、DBAはデータベースに対して様々な作業をSQLを使用して行います。
その中の作業の一つに、RDBMS実機情報をインプットにして、SQLを作成し実行するといったことがあります。

例えば、これから次のような作業を行うとします。

  • 開発中のシステムに作成している、テーブル名とテーブル毎の件数を実機から取得し一覧化したい

単純に作業を進めていくと、
①RDBMSにログインして、テーブル一覧取得のSQLを実行、テーブル一覧をファイルに保存
②テーブル一覧から、テーブル毎の件数を取得するSQLを作成するために、EXCELやテキストエディタを使って加工
③加工したSQLを用いてRDBMSに再度ログインしSQLを実行、結果を各テーブルと件数の一覧をファイルに保存
と、地道に作業していきます。
しかし、②の加工作業などある程度時間を要してしまう事、加工する際に人為的ミスが発生するリスクが発生します。

そこで、①と②のSQLを作成する作業を「SQL文を作るSQL文」を使って作成し、作業の効率化と人為的ミスを減らす方法を紹介していきたいと思います。

RDBMSによって若干手法が異なるため今回は、OracleDatabase・MySQL・PostgreSQL、3つのRDBMSで検証してみました。

(続きを読む…)



  • Profile
    キャスレーコンサルティングの技術ブログです。
    当社エンジニアが技術面でのTips、技術系イベント等についてご紹介いたします。
  • CSV社長ブログ
  • チーム・キャスレーブログ