Trelloで軽快にタスク管理

Posted on 11月 06, 2013

こんにちは。システムインテグレーション部の松田です。

皆さま、仕事にプライベートにと多忙に多忙を極めていらっしゃるかと思いますが、
ご自身のスケジュールをどのように管理されていますでしょうか?

カレンダーやタスク管理などスケジュール関連のアプリをスマホに入れて
管理されている方も多いと思いますが、今回は『Trello』をご紹介させて頂きます。

Trelloって?

Trello(https://trello.com/)とは、Fog Creek Software 社提供のタスク管理ツールです。

PCではWebサービスとしてブラウザから利用しますが、
iPhone や Android アプリも提供されていて何処に居ても利用することができます。

ちなみにFog Creek Software 社の設立者は、
ソフトウェア開発チームの質を採点する“ジョエルテスト”で知られているJoel Spolsky氏です。

タスクを1枚のカードとして作成し、進捗ごとにToDo、Doing、Doneなどといったエリアに
そのカードを張り替えるようにして管理していきます。

プロジェクトルームや会議室にあるホワイトボードで、
タスクを書いた付箋を進捗に応じて張り替えていくイメージ
(まさにアジャイル開発で用いる『かんばん』)でしょうか。

詳しくは後述させて頂きますが、こんなイメージです。

Trelloでタスク管理-01.Board全体像

使い始めるにはどうするの?

Trello のホームページ(https://trello.com/)や、ログイン画面(https://trello.com/login)からアカウントをまず作成するか、
Google アカウントがあればログインするだけです。

Trelloでタスク管理-02.ログイン画面

Googleアカウントを使用してのログインが初めての場合は承認してあげてください。

Trelloでタスク管理-03.Google承認

それでは実際に使っていってみましょう。

Board、List、Cardを作る

色んな使い方ができるとは思いますが、このような感じが代表的な使い方なのではないでしょうか。

  • Borad:プロジェクト単位で作成
  • List:進捗単位で作成(ToDo / Doing / Done)
  • Card:タスク単位で作成

何はともあれBoard が無いと始まりませんので、まずはBoard を作成します。
実際の会議室に当てはめるとホワイトボードに当たります。

Trelloでタスク管理-04.Board作成

このBoard作成時にアクセス制限が“public”になっていると一般公開されてしまうのでご注意ください。

Trelloでタスク管理-05.Boardアクセス権

Board を作成した時点でToDo、Doing、Done のリストが作成されていますので、
もうこれだけでもすぐに使い始めることができそうですね。

Trelloでタスク管理-06.Board作成直後

続いてList(ToDoなど)の中にCardを作ります。
List内の『Add a card…』をクリックしてCardの名前を入力します。
『Add』ボタンを押せばCardが作成されます。

Trelloでタスク管理-07.Card作成

あとはこの作成したCard を進捗に応じたListに張り替えていきます。
画面上の操作ではドラッグ&ドロップするだけなので、まさに付箋をホワイトボード上で張り替えるような感覚です。

Trelloでタスク管理-08.Card移動

タスクが終了したCard を Done に移動するだけだと、
Done のList がいっぱいになってしまいますので、最後はアーカイブさせます。

Trelloでタスク管理-09.Cardアーカイブ

アーカイブさせたCard はMenu の Archived items で確認できます。

Trelloでタスク管理-10.ArchivedItems

List の構成を工夫することで、さらに効率良く管理していくことができるのではないでしょうか。
どのようなList を作れば良いか管理したいBoard ごとに考えてみては如何でしょうか。

Cardの中身

Card はList を移動させるだけのものではなく、Card自体の中身を利用することができます。
Card をクリックすると下記のような画面が表示されます。
作業進捗を管理するためのChecklist などチームで利用する場合には必須の内容が含まれます。

Trelloでタスク管理-11.Card中身

チームで使う

複数人で1つのBoard を共有することもできます。
これによりプロジェクトのタスク、進捗管理にも用途が広がります。
ここでこそTrelloの本領が発揮される場面ではないのでしょうか。

メンバーの追加は画面右の『Add Members…』から行います。
profie の username に表示される名前を入力して追加したいメンバーを検索します。

Trelloでタスク管理-12.メンバー追加

メンバーが追加されたら、あとはチームで1つのBorad を運用していくだけです。
これで誰が何処に居てもメンバー同士の進捗を共有し、効率良くタスクを管理していけるのではないでしょうか。

Trelloでタスク管理-13.チームで運用

iPhoneアプリや Androidアプリを利用すれば、スマホ経由でまさに場所を問わず情報を共有できますし、
他のチームメンバーが更新した情報はプッシュ通信によってメール通知されますので、共有情報を取りこぼすことも防げるでしょう。
ちなみにAndroidアプリの画面はこのようなイメージです。

Trelloでタスク管理-13.Android画面

最後に

何よりもTrello はインストール不要ですぐに使い始めることができるのが大きな魅力ではないでしょうか。

Google アカウントをお持ちの方でしたら、それこそ2クリックほどで利用可能です。
何かと不器用な私ですが使い始めて10分もせずに使いやすさを実感できました。

騙されたと思って一度使ってみては如何でしょうか。


採用情報

  • Profile
    キャスレーコンサルティングの技術ブログです。
    当社エンジニアが技術面でのTips、技術系イベント等についてご紹介いたします。
  • CSV社長ブログ
  • チーム・キャスレーブログ