CSV
Contents

CSV(Creating Shared Value) : 共益価値の創造について

CSV(Creating Shared Value)について

CSV(Creating Shared Value)とは、米国ハーバード・ビジネス・スクールの
マイケル・ポーター教授が2011年に提唱した概念で、
「社会課題の解決と、企業の利益、競争力向上を両立し、社会・企業双方に価値を生み出す取り組み」の事です。

企業価値と社会価値を両立するCSVのアプローチとしては、以下の3点が挙げられます。

1.社会・環境問題を解決する製品・サービスの提供(製品・サービスのCSV)

CSVを実現するために、企業はまず自社製品・サービスによって解決できる、あるいはその可能性がある社会的ニーズ(健康、栄養改善、高齢化対策、環境負荷の低減など)を明らかにする必要がある、というアプローチ。

2.バリューチェーンの競争力強化と社会貢献の両立(バリューチェーンのCSV)

CSVの観点からバリューチェーンを見直せば、イノベーションを実現し、多くの企業が見逃してきた新しい経済的価値を見い出せる、というアプローチ。

3.事業展開地域の競争基盤/クラスターの強化と地域貢献の両立(競争基盤/クラスターのCSV)

企業は自社の生産性を高めるために、クラスター(ITにおけるシリコンバレーのように特定分野の企業や、その関連企業、サプライヤー、サービスプロバイダ等が地理的に集積した地域)を形成し、かつクラスターを構成する条件の欠陥やギャップを解消することでCSVを実現できる、というアプローチ。

CSVを実現するためには、上記の3分野に関して具体的な指標を用意した上で実行に移す必要があります。

CSVが求められる背景

利益のみが企業の評価基準だった時代から、CSR(Corporate Social Responsibility)をはじめとする社会貢献が評価される時代へ社会が変化してきました。
一方で、CSRは企業にコスト負担を強い、社会への貢献を持続しようという善意のインセンティブが生まれない原因となっています。
CSVは、事業の内部に社会的に価値のある行為を組み込み、全体として利益を創出する仕組みであり、経済性や競争戦略の観点からも、社会からの観点からも、時代が求める段階になっています。

CSVの事例について

例えば、食品で有名なスイスの「ネスレ」では自社のコーヒー原料の調達に当たり
途上国の貧困地域でコーヒー農家を育成・支援しました。

その結果として、同社にとっては高品質な原材料を安定的に低コストで、かつ持続的に調達することができ、
現地の雇用創出や収入増加といった社会価値も同時に生み出しました。

CSV(Creating Shared Value)のイメージ

CSVとキャスレーコンサルティングの創立

近年、様々なアプリケーションが市場に投入されていますが、本当に誰かの役に立っているのだろうか?
もっとリソースを割くべき課題があるのではないか?社会から問われる機会が増えました。
創業者である砂川は、SRIやマイクロファイナンスをはじめとする社会的価値の概念を尊重しており、近年の市場において社会的価値こそが競争優位の条件になると考えていました。
2011年、CSVの論文が発表された時、砂川は確信しました。
「お客様・従業員・社会全体を良くするCSVこそ、時代が必要とする競争戦略であり、ITこそが最高の手段になる」

そして、CSV(Creating Shared Value)とIT(Information Technology)から

CSV(Creating Shared Value)がキャスレーの社名の由来に

キャスレーコンサルティングは創立されました。

CSVとキャスレーコンサルティングのサービス

今後のビジネスは、利益を出し、従業員や社会に認められるビジネスでなければ永続しません。
キャスレーコンサルティングのソーシャル・イノベーション事業では、お客様のビジネスについてCSVベースにどのように変革していけるか、あるいは生み出していけるか、Webシステム開発で培った高いテクノロジーで、ITの側面からお手伝い致します。

  • チーム・キャスレーブログ
  • 技術ブログ
  • CSV社長ブログ