社長メッセージ
Contents

社長メッセージ

ceo_message

お客様、従業員、社会すべてがハッピーになるビジネスモデルはないか?

近年、SRI(社会的責任投資)や、マイクロファイナンスなど社会全体の利益を最大化できるビジネスが登場し、
アカデミックの世界ではCSV( Creating Shared Value )という概念が生まれました。

これからの時代は、単に利益を追求するだけでなく、サービスを提供する従業員や、
影響を受ける社会全体の利益を考えてビジネスを行っていく時代になります。

キャスレーコンサルティングは、これら時代の潮流をいち早く捉え、お客様・従業員・社会へ付加価値を提供する
フロントランナーでありたい、そんな想いを込めて設立致しました。

最先端のITを使ってお客様とともに利益を上げ、従業員を幸せにし、社会から尊敬される企業になること。

私たちキャスレーコンサルティングを何卒よろしくお願い致します。

 ———————————————————————————————————————————————————————————

〜社長砂川の考えるCSV(共益価値の創造)とは〜

【CSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)に込める思い】

以前も開発会社に属していましたが、プライベートではNPO活動に加わり、
社会をより良くするために投資を行う「マイクロファイナンス」などの事業に携わっていました。

その時から、社会を変えるには、社会に役立つ仕組みを持続的な経済活動に組み込む必要があると感じていました。

そんな折、2011年に経営学者マイケル・ポーターが「CSV」(Creating Shared Value:共有価値の創造)という
経営戦略の考え方を発表したのを知り、間違いなく競争優位性につながると感じました。
自分の事業でも、これを核に独自の戦略を作り込んでいきたいと考えるようになっていきました。

(CSVとは:リンクhttp://www.casleyconsulting.co.jp/company/csv/

【開発もCSVと無縁ではない】

システム開発の立場から見ていると、例えばフィッシング詐欺や、出会い系など、
社会の役に立つのか疑問に感じるようなシステムがたくさん作られ、それで収益を上げているという状況が
世の中にたくさんあると感じています。

そういった事例を少しでも減らし、社会に価値提供できるシステムをより多く提供して行きたいと感じるようになっていきました。

ITの技術を駆使しながらCSVによる経営戦略を実現することで、社会利益に貢献しないシステムで大きな収益を上げる仕組みを、
少しでも変えたいという思いが強くなっていきました。

【社員の働きやすさとやりがいがあってこそ】

前職でも開発会社にいましたが、さまざまな現場で疲弊するエンジニアをたくさん見てきました。
しかし会社の持続的な成長を考えると、弊社のエンジニアの皆さんにはぜひやりがいを感じながら、
また安定した雇用環境で安心して働いてもらうべきだと感じています。

CSVの価値創造プロセスでは、社会に対してより有益な価値を、事業のあらゆるプロセスの中から、
全てのステークホルダーに提供することが重要です。

忘れてはいけないのは、ステークホルダーには、顧客やエンドユーザーだけでなく、社員ももちろん含まれているということ。
エンドユーザーや発注元、社会には良いものだったとしても、それを作っている側が金銭以外に価値を享受できないプロセスは、
CSV的な価値創造は出来ていないと言わざるを得ません。

ですから、我が社のエンジニアには、やりがいや、スキルの向上を効率的に、
業務のシステムの一環として得られる環境で働いていただきたいのです。

そして、年齢、性別、国籍、人種、性的指向にとらわれずに、社員全員が自分らしく
心理的に安心して働ける職場環境を目指しています。

【やりがいを実感しやすい業務プロセスの構築に向けて】

この「やりがい」、業界の構造的に、達成感や、エンドユーザーからの声が見えにくい環境があると思っています。

これを会社全体で取り組むつもりです。
具体的な例としては、従来の開発環境では聞くことが難しかった、
お客様やエンドユーザーからの「ありがとう」や「使いやすい」といった声を、
携わった開発者にしっかりフィードバック・評価できるプロセスをキャスレー独自に構築することを考えています。

【経営者として社員の皆さんに約束したいこと】

エンジニアというと、周りの家族などからはどうしても「何を作っているのか分からない」だとか、
「仕事が忙しそう」という先入観で見られがちです。

しかし我が社の社員の皆さんには、社会から、友達や家族から、
いい会社で働いていると言われてほしいし、
そう感じられる仕事に携わってもらいたいと思うのです。
第三者から評価されることは、やりがい、生き甲斐につながって、人生をより豊かにできるはずです。

お客さんや、エンドユーザーからのフィードバックを確実に得られる環境などを整え、実感してもらう「やりがい」。

流動性の高いエンジニアの人材市場環境において、継続的に働ける健康に配慮した職場や、十分な給与を確保し提供する「安心」。

経営者として、この2つを実現できる事業を確立し、より多くの優秀なエンジニアの皆さんに
「キャスレーで働きたい」「チーム・キャスレーの仲間になりたい」
と思っていただけることを目標にしています。

  • チーム・キャスレーブログ
  • 技術ブログ
  • CSV社長ブログ