最新ニュース

キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)は、
国立大学法人 東京農工大学 工学部 物理システム工学科 量子光工学 室尾研究室様
(所在地:東京都小金井市、以下東京農工大学)と共同研究を実施した画像回復技術の
実験結果について、レーザー学会・第485回研究会にて発表致します。

 

■発表内容詳細
レーザー光は、光の波動性に起因する回折現象により、理想的な光学素子を用いても
1点に集光できないことが知られています。
この物理学的な集光性能限界(回折限界)は、ビームプロファイルデータを画像処理することによって
改善することが可能ですが、フーリエ変換における不確定性原理によって改善が制限されます。

弊社の画像回復技術は、従来問題であったフーリエ変換の不確定性原理の制限を全く受けることなく、
デルタ関数的に集光させることに成功致しました。

今回の発表では、東京農工大学・室尾准教授より、弊社の画像回復技術を用いたガウシアンビームの
プロファイルをデルタ関数的に集光する様子や、優れた画像分解能を発揮する実験結果を発表致します。

 

<ガウシアンビームのスポット画像>   <画像回復処理後のビームスポット>

 

    lazer1       lazer2

 

従来の理論限界を超えてレーザー光を検出することで、レーザー顕微鏡やレーザーピックアップ等、
レーザーを用いた観察・測定技術に幅広い応用可能性を発揮します。

==========================================
主催:一般社団法人レーザー学会 http://www.lsj.or.jp/laser/
日時:2015年12月7日(月)13:00-17:00
場所:東京農工大学140周年記念会館多目的ホール (〒184-8588 東京都小金井市中2-24-16)
交通:http://tuat-ellipse.jp/access/
内容:各種レーザー計測法の理論及び実験,計測用レーザー,変調器検出器等の光学デバイス他
論文タイトル:『画像鮮鋭化アルゴリズム評価のための回折限界光学画像生成』
       (著者:室尾和之A、石垣佳樹B、西形淳C)
       (A、B:東京農工大学 C:キャスレーコンサルティング株式会社)
==========================================

 

弊社は、今後も産学連携共同研究を精力的に進めて参ります。
企業・大学様において、本画像回復技術にご興味がございましたら下記メールアドレスまで
お気軽にお問い合わせください。

 

■技術に関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 経営企画部
研究開発担当 西形 淳(にしがた じゅん)
jun.nishigata@casleyconsulting.co.jp

 

■本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 経営企画部
広報担当:白木 仁美(しらき ひとみ)
info@casleyconsulting.co.jp
〒150-6031
東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階
TEL: 03-6409-6363 FAX: 03-6409-6364