最新ニュース

キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)は、
国立大学法人 東京農工大学 工学部 物理システム工学科 量子光工学 室尾研究室様
(所在地:東京都小金井市、以下東京農工大学)と共同研究を実施した画像回復技術の
実験結果について、レーザー学会・第485回研究会にて発表致します。

 

■発表内容詳細
レーザー光は、光の波動性に起因する回折現象により、理想的な光学素子を用いても
1点に集光できないことが知られています。
この物理学的な集光性能限界(回折限界)は、ビームプロファイルデータを画像処理することによって
改善することが可能ですが、フーリエ変換における不確定性原理によって改善が制限されます。

弊社の画像回復技術は、従来問題であったフーリエ変換の不確定性原理の制限を全く受けることなく、
デルタ関数的に集光させることに成功致しました。

今回の発表では、東京農工大学・室尾准教授より、弊社の画像回復技術を用いたガウシアンビームの
プロファイルをデルタ関数的に集光する様子や、優れた画像分解能を発揮する実験結果を発表致します。

 

<ガウシアンビームのスポット画像>   <画像回復処理後のビームスポット>

 

    lazer1       lazer2

 

従来の理論限界を超えてレーザー光を検出することで、レーザー顕微鏡やレーザーピックアップ等、
レーザーを用いた観察・測定技術に幅広い応用可能性を発揮します。

==========================================
主催:一般社団法人レーザー学会 http://www.lsj.or.jp/laser/
日時:2015年12月7日(月)13:00-17:00
場所:東京農工大学140周年記念会館多目的ホール (〒184-8588 東京都小金井市中2-24-16)
交通:http://tuat-ellipse.jp/access/
内容:各種レーザー計測法の理論及び実験,計測用レーザー,変調器検出器等の光学デバイス他
論文タイトル:『画像鮮鋭化アルゴリズム評価のための回折限界光学画像生成』
       (著者:室尾和之A、石垣佳樹B、西形淳C)
       (A、B:東京農工大学 C:キャスレーコンサルティング株式会社)
==========================================

 

弊社は、今後も産学連携共同研究を精力的に進めて参ります。
企業・大学様において、本画像回復技術にご興味がございましたら下記メールアドレスまで
お気軽にお問い合わせください。

 

■技術に関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 経営企画部
研究開発担当 西形 淳(にしがた じゅん)
jun.nishigata@casleyconsulting.co.jp

 

■本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 経営企画部
広報担当:白木 仁美(しらき ひとみ)
info@casleyconsulting.co.jp
〒150-6031
東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階
TEL: 03-6409-6363 FAX: 03-6409-6364


キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅)は、

パシフィコ横浜で開催される 「Embedded Technology 2015/組込み総合技術展」

(同時開催: IoT Technology 2015/IoT総合技術展) に出展致します。

 

当日は、「~視力∞の未来へ~」 をキーワードに、以下の展示を予定しております。

 ・画像回復技術の概要、技術説明。

 ・試作カメラシステムによるデモンストレーション。

 ・光学顕微鏡を用いた超解像画像や回折限界を超えるレーザー光の解析結果の展示。

 ・発明者による技術説明。

弊社の画像回復技術は、独自の数学的基礎研究に基づき、不確定性限界を超えて集光させる画期的な技術です。

レンズと画像回復技術を併用することにより、今までで得られなかったような鮮明な画像や、小さな物質などが観察できるようになります。

 

実際に何が見えるのか?当日、研究担当者と商談担当者がご説明しますので、ぜひ弊社ブースにてご確認ください。

 

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

===

【開催概要】 

名称:Embedded Technology 2015 / 組込み総合技術展

    http://www.jasa.or.jp/expo/et/

主催:一般社団法人 組込みシステム技術協会

日時:2015年11月18日(水)~20日(金)

     10:00~17:00 ※19日(木)は18:00まで

場所:パシフィコ横浜

ブース番号:V-12(ベンチャーヴィレッジ内)

===

 

■技術に関する連絡先

キャスレーコンサルティング株式会社 経営企画部

研究開発担当 西形 淳(にしがた じゅん)

jun.nishigata@casleyconsulting.co.jp

 

■本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 経営企画部

広報担当:白木 仁美

info@casleyconsulting.co.jp

 〒150-6031

東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階

TEL: 03-6409-6363 FAX: 03-6409-6364


キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅)は、

国立大学法人 東京農工大学 工学部 物理システム工学科 生命物理工学 村山研究室様

(所在地:東京都小金井市、以下東京農工大学)のご協力の下、ナノスケール光学顕微鏡における

画像回復の実証実験に成功しました。

  

 

可視光を用いた光学顕微鏡には分解能限界= 200nmの壁 があることが知られています。

今回の実証実験では、東京農工大学・村山研究室様の保有するナノスケール光学顕微鏡で

撮影した蛍光ビーズの画像(下図画像A)に対し、弊社が開発した画像回復技術を適用して

100nmスケールでの鮮明化に成功しました(下図画像B)。

  

<画像A>                   <画像B>

顕微鏡画像.PNG

顕微鏡画像ズーム.PNG

 

弊社の技術は、 純粋な数学的アルゴリズムとフィルター処理で画像を鮮明化できるのが特長で、

現在、生物系研究機関等に普及している低価格光学顕微鏡において一切の追加設備を導入することなく

これまで観察できなかった 200nm 以下のナノスケール対象物を観察することが可能となります。

 

これは、観察ケースによっては超解像イメージングに必要であった蛍光試料の作製等も不要にできる

可能性を拓くものです。

 

弊社は、目標分解能 1nm (DNAの観察) をマイルストーンとして、今後もバイオ・ナノテク関連の産学連携

共同研究を精力的に進めて参ります。

 

========================================

 現在、バイオ・ナノテク関連において企業・大学との共同研究案を募集しています。

企業・大学様において、本画像回復技術にご興味がございましたら下記メールアドレスまで

お気軽にお問い合わせください。

 

■共同研究・技術に関する連絡先

キャスレーコンサルティング株式会社 経営企画部

研究開発担当 西形 淳(にしがた じゅん)

jun.nishigata@casleyconsulting.co.jp

TEL: 03-6409-6363 FAX: 03-6409-6364

 

■本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 経営企画部

広報担当:白木 仁美

info@casleyconsulting.co.jp

 〒150-6031

東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階

TEL: 03-6409-6363 FAX: 03-6409-6364

========================================

 

<Next-generation Bio-Nano-Technology>

Demonstration experiment for nanoscale optical microscope becomes successful.

It is well-known that there exists a limit value of space resolution (nearly equals to 200nm) with optical microscope.

In a recent experiment with Tokyo university of agriculture and technology, our deconvolution technology gave substantially below the limit value of space resolution.

Our technology provides a versatile image processing system. For example, we do not need fluorescing substances for getting hyperresolution images.

Moreover, you do not need any remodeling into microscope equipment with using our technology.

We are pushing toward our technology to Bio-Nano-Technology for achieving milestone or 1nm space resolution, that is the diameter of DNA.

If you have any interest in our technology, feel free to ask us by the contact form below.

 

<Contact us>

Collaborated study and Technology :

Jun Nishigata, Research and Development,

jun.nishigata@casleyconsulting.co.jp

 

Press :

Hitomi Shiraki, Public relations,

info@casleyconsulting.co.jp

 

Casley Consulting, Inc.

 150-6031, Ebisu 4-20-3 YGP31F, Shibuya, Tokyo, Japan

TEL: +81-3-6409-6363 FAX: +81-3-6409-6364