最新ニュース

キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)は、
特定非営利活動法人セカンドハーベスト・ジャパン(本部所在地:東京都台東区)の開催する
「「0円キッチン」チャリティ映画上映会&トークイベント」へ弊社セミナールームを提供し協力致します。

本イベントは、食品ロス問題の発生抑制を啓発する事を目的とし、映画「0円キッチン」の映画上映後、
食品を廃棄から救うフードレスキュー活動の国内での取り組み紹介と、世界各国の取り組み事例の紹介し、議論することで、
今後の食品ロス発生抑制の取り組み方法を模索し、フードレスキュー活動の推進を目指すものです。

zeroyenkitchen

<セカンドハーベスト・ジャパンについて>

日本初のフードバンク団体。
食品製造メーカーや農家、個人などから、まだ充分食べられるにも関わらず
様々な理由で廃棄される運命にある食品を引き取り、それらを児童養護施設の子どもたちやDV被害者のためのシェルター、
路上生活者を強いられている人たちなどの手元に届ける活動を行っている団体です。

LOGO_h_bgw

===
<開催概要>
名称:
 「0円キッチン」チャリティ映画上映会&トークイベント
日時:
 2017年9月4日(月)18:00~20:30 ※17:30開場
場所:
 弊社セミナールーム
 (東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31F)
参加費:
 3,000円
 ※経費を除いた参加費は、セカンドハーベスト・ジャパンのフードバンク活動に活用させていただきます。
 ※会終了後には、大地を守る会のおいしいお野菜をお土産としてお持ち帰りいただけます。
申し込み:
 https://bf15552cfa1d9fecc0acf74b08.doorkeeper.jp/events/63762

■タイムスケジュール:
17:30~
 開場、受付開始
18:00~19:20
 「0円キッチン」上映開始
19:20~19:30
 休憩
19:30~20:30
 トークセッション

■トークセッション登壇者
 小林富雄 氏(愛知工業大学教授)※「食品ロスの経済学」著者
 岡部桂子 氏(国際連合食糧農業機関駐日連絡事務所 広報官)
 マクジルトン・チャールズ(セカンドハーベスト・ジャパン創設者)

■協力
 大地を守る会 
 キャスレーコンサルティング株式会社
===

弊社が推進する CSV : Creating Shared Value (共益価値の創造) 戦略においては、
経済的利益と社会課題の解決を両立する必要があります。

SDGs(持続可能な開発目標)におけるSDG12「持続可能な生産消費形態を確保する」でも言及され、
社会的に注目を集める食品ロスや資源の循環を目指すサーキュラーエコノミーは
経済的利益と社会的利益の両立に貢献することから、この度のセカンドハーベスト・ジャパンのチャレンジを
支援することと致しました。

弊社では、このような社会的価値を啓発する取り組みを行うNPOや組織に対し、
開催場所・開催機会を提供することにより、社会的価値啓発の促進と
CSV(Creating Shared Value)ビジネスの創造を引き続き目指して参ります。

■本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 CSV企画部
広報担当:前田
info@casleyconsulting.co.jp
〒150-6031
東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階
TEL: 03-6409-6363 FAX: 03-6409-6364


ITでCSV(Creating Shared Value:共益価値の創造)の実現を目指す、
キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)の子会社である
保育ICT株式会社(本社:東京都渋谷区、以下保育ICT)の提供する保育システムHoisys(ホイシス)が、
「第11回キッズデザイン賞」における「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」
(主催:特定非営利活動法人キッズデザイン協議会、後援:経済産業省、消費者庁、内閣府)を受賞致しました。

■キッズデザイン賞について

キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」、「子どもが感性や創造性豊かに育つ」、
「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスで優れたものを選び、
広く社会へ伝えることを目的とした表彰制度です。

日用品から住宅、街づくり、ワークショップ、調査研究まで、幅広い分野を表彰の対象とすることで
社会のこども環境高度化に寄与することを目的にしています。

リリース用キッズデザインマーク2017

■「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」受賞を通じて

今回「第11回キッズデザイン賞」を受賞した保育ICTが提供する「ホイシス」は、
2016年度から提供を開始した、月額5,000円の保育園・幼稚園で働く保育者のための業務支援システムです。
PC・スマートフォンを使って、登降園(入退室)の管理や、保育日誌、保育計画、延長料金計算、シフト管理など
”保育者にとって一番使いやすい” をコンセプトに、豊富な機能を利用することができます。

保育者が本来業務である「保育」に集中して、やりがいを持って取り組めるように、
システムを通じてサポートしていくことで、子どもを産み育てやすい社会づくりや
保育者の方々の働き方改革に貢献していくことを目指しています。

今回の受賞を通じて、「ホイシス」のより一層の認知・利用拡大を目指すとともに、
キッズデザインが目指す社会づくりに貢献できるよう今後も尽力して参ります。

なお、ホイシスは 東京都による「保育所におけるICT化推進補助金」や、
「文部科学省による幼稚園向け園務改善のためのICT化支援補助金」にも対応しています。

LP_hoisys
ホイシスご紹介ページ(https://hoiku-ict.com/hoisys/)

弊社および保育ICTでは、ITを通じた社会をより良くするためのシステム開発を行い、
経済価値と社会価値を同時に創出するCSV(Creating Shared Value:共益価値の創造)ビジネスを推進して参ります。

■本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 CSV企画部
広報担当:前田
info@casleyconsulting.co.jp
〒150-6031
東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階
TEL: 03-6409-6363 FAX: 03-6409-6364


このたび、キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)は
財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より、
「個人情報保護マネジメントシステム-要求事項(JISQ15001:2006準拠)」を満たす企業として、
プライバシーマーク付与の更新認定を受けました。

弊社では、創業時よりプライバシーマーク認定を取得しておりましたが、2度目の有効期間満了に伴い
継続的なセキュリティ水準の維持向上のために更新認定を再び行いました。

プライバシーマーク制度は、
日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、
個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、
その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

登録情報
 認定番号:第17001590(03)号
 有効期間:平成29年7月1日~平成31年6月30日
 指定機関:一般社団法人日本システム・ユーザー協会

PMS2017

弊社では、CSV(Creating Shared Value:共益価値の創造)戦略の実現において、
事業戦略上基盤となるマテリアリティをセキュリティ、人権、コンプライアンスの3点に特定し、
“企業が全うすべきサステナビリティ”であると考えております。

今後もCSVの経営理念をもとにセキュリティ意識を高く持ち、お客様、従業員、社会から安心と信頼を頂きながら、
経済価値・社会価値の双方を創出するビジネスへ取り組んで参ります。

本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 CSV企画部 CSV/CSR推進室
広報担当:前田
info@casleyconsulting.co.jp
〒150-6031
東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階
TEL: 03-6409-6363 FAX: 03-6409-6364


キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)は、
株式会社ピープルフォーカス・コンサルティングと共催し、銀座ソーシャル映画祭の協力のもと
「恵比寿ソーシャル映画祭 Vol.15」を弊社セミナールームにて開催致します。

ebisu4

恵比寿ソーシャル映画祭とは、
多くの人に社会的課題に触れ、考えるきっかけを作ってもらいたいと願い、
定期的にソーシャルな映画を配信するイベントです。

上映後にはトークセッションがあり、毎回異なるテーマの映画を通じて、
参加者同士で気づきを共有して頂ける時間を設けております。社会課題に対する意識の高い企業やNPO、団体の担当者、
映画のテーマに興味のある方など、様々な意見を交換する場として提供しております。

Vol.15 では昨年と同様に、12月より始まる寄付月間(http://giving12.jp/)と連動し
公式認定企画として「ポバディー・インク ~あなたの寄付の不都合な真実~」を上映致します。

GD2017_logo_color_wide

poster

参加者がそれぞれ違う映画の感想を持ち、それを共有し、
違いを知り深めることが出来る懇親会の場を設けておりますので、
ご都合がつく方はぜひご参加ください。

===
名称:
 恵比寿ソーシャル映画祭 Vol.15
日時:
 2017年12月5日(火)19:10開場 19:30開演

 19:30~21:00 映画「ポバティー・インク ~あなたの寄付の不都合な真実~」上映
 21:10~21:40 トークセッション
 21:45~22:15 プチ懇親会(希望者のみ)

場所:
 キャスレーコンサルティング株式会社 セミナールーム
 (東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31F)

上映作品:
 「ポバティー・インク ~あなたの寄付の不都合な真実~」
 作品紹介:http://unitedpeople.jp/povertyinc/

<トークセッション・ゲスト>
ゲスト交渉中

参加費:

 映画鑑賞:1,000円
 プチ懇親会参加:500円(ソフトドリンク+軽食)

定員:30名

申込:
 お申し込みはPeatixより、お願い致します。
  ※お申し込み後に参加できなくなった方は、必ず事務局へキャンセルをお申し出ください。

備考:
 <共催>
 キャスレーコンサルティング株式会社
 株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング
 <協力>
 銀座ソーシャル映画祭
 寄付月間実行委員会

<会場での注意事項>
 ※映画専用の機材・会場ではありませんので、一部見えにくかったり、
  ビル内の音が聞こえてきたりすることも想定されます。あらかじめ了承ください。
 ※上映開始後の入場は、座席を制限させていただく場合があります。
 ※託児所は設けておりません。未就学児のご参加はご遠慮ください。
 ※車椅子での来場を希望される方は、事前にご相談ください。
===

弊社では、このような社会的な活動に賛同し、
恵比寿ソーシャル映画祭を通じて、社会をより良くする支援を継続していきます。

■本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 CSV企画部
CSV/CSR推進室 広報担当:前田
info@casleyconsulting.co.jp
〒150-6031
東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階
TEL: 03-6409-6363 FAX: 03-6409-6364


キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)は、
株式会社ソーシャルインパクト・リサーチの開催する「最新SDGs開示・インパクト評価ワークショップ」を後援致します。

SDGs(持続可能な開発⽬標)とは、国連が定めた”2030年までに世界が解決すべき17⽬標・169ターゲットの社会課題”です。
この「課題」をイノベーションの「機会」や「チャンス」と捉え、ビジネスと結び付けて戦略的な解決に取り組む企業や
団体が急速に増えています。

一方で、担当者の方からよく聞かれるのが、SDGsの活動をどう開示したら良いのか分からない、
どのように評価したら良いか分からない、という声もあるようです。

今回はワークショップ形式で、インパクト評価の基礎をレクチャーで学ぶとともに、
企業、NPOが実際に取り組んでいるプロジェクトや活動をもとに、実際に手を動かして
インパクト評価に取り組んで頂けます。

NPO/ソーシャルセクターで休眠預金を踏まえて、
自分たちの活動にインパクト評価をしたい方にも適した内容となっています。 

===
<開催概要>
名称:
 最新SDGs開示・インパクト評価ワークショップ
日時:
 2017年8月31日(木)19:00~21:30
場所:
 弊社セミナールーム
 (東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31F)
対象:
 ・企業でSDGsの活動に携わる人
 ・経営者で自分の活動の価値を定量的に示したい人
 ・自分の活動のインパクト評価の仕方を知りたい人
 ・休眠預金で資金を調達するために、インパクト評価を学びたいNPOの人
 ・学生で何かSDGs関連のプロジェクトをやりたいと考えている人
 ・社会課題の解決の手法を学びたい人
定員:
 20名程度(※先着順)

費用:
 5,000円
申し込み:
 前払い→http://peatix.com/event/291094/view
 もしくは当日支払い→https://goo.gl/VW2JUK
備考:
 ※コンサルティング業の方は、ご遠慮させていただくケースがございます。

■当日の構成
 ・SDGsインパクト評価の基礎講義…1時間
 ・実際のワーク…1時間
 ・発表/分かち合い…0.5時間

■登壇者プロフィール

●株式会社ソーシャルインパクト・リサーチ 代表:熊澤拓
 http://www.socialimpact-research.org/

慶應大学大学院卒業、早稲田大学大学院博士課程修了。
ジャフコ、ソフトバンクでベンチャーキャピタリストとして活躍。
2010年よりソーシャルインパクト・リサーチ社を設立し、企業の社会的価値の定量的な評価手法を独自開発、
内閣府プロジェクトで社会的企業100社の社会的インパクト評価をおこなう。
また、ソニー、LIXIL、損保ジャパン、博報堂などグローバル大企業約12社のインパクト評価をおこなう。
ESG投資のレコメンドシステムを開発し、国内の大手資産運用会社向けに多数の講演、アドバイザーをおこなう。
現在、SDGs×ソーシャルイノベーションFBページを運営する。(https://goo.gl/R468EY)
===

弊社が推進する CSV : Creating Shared Value (共益価値の創造) 戦略においては、
経済的利益と社会課題の解決を両立する必要があります。

SDGs : Sustainable Development Goals (持続可能な開発目標)は
世界の企業や政府が相互協力しながら社会課題を解決する取り組みであり、
この推進に寄与するソーシャルインパクト・リサーチ社の取り組みに賛同することとなりました。

弊社では、このような社会的価値を創出する取り組みを行う企業・NPOに対し、
開催場所や開催機会を提供することで社会を良くする支援を継続していきます。

■本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 CSV企画部
広報担当:平野
info@casleyconsulting.co.jp
〒150-6031
東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階
TEL: 03-6409-6363 FAX: 03-6409-6364


キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)は、
株式会社ピープルフォーカス・コンサルティングと共催し、銀座ソーシャル映画祭の協力のもと
「恵比寿ソーシャル映画祭 Vol.11」を弊社セミナールームにて開催致します。

ebisu4

恵比寿ソーシャル映画祭とは、
多くの人に社会的課題に触れ、考えるきっかけを作ってもらいたいと願い、
定期的にソーシャルな映画を配信するイベントです。

上映後にはトークセッションがあり、毎回異なるテーマの映画を通じて、
参加者同士で気づきを共有して頂ける時間を設けております。社会課題に対する意識の高い企業やNPO、団体の担当者、
映画のテーマに興味のある方など、様々な意見を交換する場として提供しております。

Vol.11 では「0円キッチン」を上映します。

zeroyenkitchen

参加者がそれぞれ違う映画の感想を持ち、それを共有し、
違いを知り深めることが出来る懇親会の場を設けておりますので、
ご都合がつく方はぜひご参加ください。

===
名称:
 恵比寿ソーシャル映画祭 Vol.11
日時:
 2017年8月23日(水)19:10開場 19:30開演

 19:30~20:50 映画「0円キッチン」上映
 21:00~21:30 トークセッション
 21:30~22:00 プチ懇親会(希望者のみ)

場所:
 キャスレーコンサルティング株式会社 セミナールーム
 (東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31F)

上映作品:
 「0円キッチン」
 作品紹介:http://unitedpeople.jp/wastecooking/

<トークセッション・ゲスト>
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド (http://www.hungerfree.net/)
国内活動担当 儘田由香さま

筑波大学国際総合学類卒。
在学中よりボランティアとして活動に参加。企業などでの勤務を経て、2009年より現職。
私たちの暮らしから世界の飢餓や食料問題について考えるイベントやワークショップを企画・運営している。
毎年10月にNGO/NPOや国連機関などが連携して行う「世界食料デー」月間の事務局を担当する他、
「フードロス」の解決に向けて様々なプレーヤーが社会変革を志す「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」にも
参画している。

参加費:

 映画鑑賞:1,000円
 プチ懇親会参加:500円(ソフトドリンク+軽食)

定員:30名

申込:
 お申し込みはPeatixより、お願い致します。
  ※お申し込み後に参加できなくなった方は、必ず事務局へキャンセルをお申し出ください。

備考:
 <共催>
 キャスレーコンサルティング株式会社
 株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング
 <協力>
 銀座ソーシャル映画祭

<会場での注意事項>
 ※映画専用の機材・会場ではありませんので、一部見えにくかったり、
  ビル内の音が聞こえてきたりすることも想定されます。あらかじめ了承ください。
 ※上映開始後の入場は、座席を制限させていただく場合があります。
 ※託児所は設けておりません。未就学児のご参加はご遠慮ください。
 ※車椅子での来場を希望される方は、事前にご相談ください。
===

■本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 CSV企画部
CSV/CSR推進室 広報担当:前田
info@casleyconsulting.co.jp
〒150-6031
東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階
TEL: 03-6409-6363 FAX: 03-6409-6364


ITでCSV(Creating Shared Value:共益価値の創造)の実現を目指す、
キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)の子会社である
保育ICT株式会社(本社:東京都渋谷区、以下保育ICT)は、

提供する保育園・幼稚園支援ICTシステムの「Hoisys(ホイシス)」と、
ソフトバンクグループの株式会社hugmo(ハグモー)(本社:東京都港区、代表取締役社長:湯浅 重数)が提供する
保育クラウド連絡帳アプリ「hugnote(ハグノート)」が連携したシステムをリリースしたことをお知らせいたします。

システム連携の概要
このたびのシステム連携では、保育園・幼稚園の園内業務を支援するICTシステムであるHoisys(ホイシス)と、
保育園・幼稚園と保護者をつなぐhugnote(ハグノート)がシステム連携を行い、一つのシステムのように
スムーズに利用いただけるようになります。

園内業務の効率化に特化したHoisys(ホイシス)と、
園・保育士と保護者のコミュニケーションに特化したhugnote(ハグノート)が連携することで、
園内・園外の業務をシームレスに補完することが可能になります。

その結果、保育士業務全体のICT化が実現され、よりいっそう保育士の業務負担が軽減されることで
保育士の働き方改革につながり、ひいては保育士不足や待機児童問題の解決に寄与できると考えています。

また、保育士は本来の保育業務により多くの時間を割くことができるようになり、
質の高い保育が実現されていくと考えています。

保育園・幼稚園のICT化への期待が高まりつつありますが、一方で「まだまだ実際に役立っていない」、
という調査もある中で、本当に保育の現場の役に立つシステムとなっています。

なおこの連携システムは、東京都による保育所におけるICT化推進補助金、
文部科学省による幼稚園向け園務改善のためのICT化支援補助金にも対応しております。

セミナー日程のお知らせ
システム連携に伴い、「Hoisys(ホイシス)」と「hugmo(ハグモー)」の合同無料説明会を開催します。

 ・2017年8月17日(木) 14:00~16:00(大阪会場:ソフトバンク株式会社)
 ・2017年8月22日(火) 14:00~16:00(東京会場:ソフトバンク株式会社)

説明会では、実際にシステムを操作・ご覧いただきながら、詳しくご説明いたします。
お申し込みはこちらから可能です。

株式会社hugmoについて

ソフトバンクグループの株式会社hugmoが提供するメインサービス「hugnote(ハグノート)」は、
保育園・幼稚園の保育士・先生と、保護者をつなぐ連絡帳サービスです。

保育士・先生は、園児の活動内容やお知らせなどを写真付きでセキュアに保護者へ連絡することができ、
保護者は臨場感あふれる子ども達の活動風景や、重要な連絡をスマートフォン上でいつでも簡単に閲覧することができる点が最大の特徴です。
詳細はこちらをご覧ください。

Hoisys(ホイシス)ついて

保育ICTは、ITにより保育園や幼稚園の業務を支援することを目指して、
保育園・幼稚園での園務支援システム「Hoisys(ホイシス)」を2016年10月より提供しています。
金額は1園あたり月額5,000円(税別)です。

ホイシスは、登降園管理、保育計画・保育日誌の作成、午睡チェック、延長料金計算などの保育園・幼稚園内での業務を
便利にする機能を、パソコンやタブレット端末上で簡単に操作できるクラウドサービスで
同業他社の中でも際立った成長を遂げております。 


(ホイシス サービスご紹介ページ

保育ICT株式会社について

━━ 会社概要 ━━
【社 名】 :保育ICT株式会社
【所在地】 :東京都渋谷区
【URL】  :https://hoiku-ict.com/hoisys/
【事業内容】:保育園・幼稚園向け業務支援システムの開発・販売
【問い合わせ先】:E-mail : info@hoiku-ict.com Tel : 0120-401-941 (担当:平野)

■本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 CSV企画部
広報担当:前田
info@casleyconsulting.co.jp
〒150-6031
東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階
TEL: 03-6409-6363 FAX: 03-6409-6364


キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)は、
推進する画像鮮鋭化技術について、映像産業、画像医学の分野でプレゼンスある業界誌
「映像情報インダストリアル 2017年8月号」に掲載されました。

・特集1 画像鮮明化技術・装置 「回析限界を超えるリアルタイム汎用画像先鮮化装置」

industrial_page1

industrial_page2

「光学的な回折によるボケ」は、レンズ・センサーで構成される近年のデジタル光学製品の多くで発生する問題です。

弊社が開発した「新型ノンブラインド デコンボリューション」技術は、レンズ特性による回折を改善し、
センサーが本来持つ性能を最大化する技術です。

新技術は、従来のデコンボリューション技術よりも鮮鋭化性能、処理性能など複数の要素で優れており、
特に低性能のレンズ・高性能のセンサー(例:4Kセンサー)で構成される「レンズによるボトルネック」を改善することで、
従来にない鮮鋭な画像を得ることを可能にします。

応用分野として、生きた細胞にダメージを与えることなく高精細な観察を可能にする4Kライブセルイメージング、
生体機能や疾病のメカニズムを解き明かす4K再生医療顕微鏡分野、工業系4K検査機器の性能向上などへの
応用が進んでいます。

弊社では、今後も、医療・バイオ分野、防犯分野、工業・科学分野など、
社会をより良くするための分野へ継続した研究開発を行い、
経済価値と社会価値を同時に創出するCSV(Creating Shared Value:共益価値の創造)ビジネスを推進して参ります。

■技術に関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 企画部
主任研究員 西形(にしがた)
jun.nishigata@casleyconsulting.co.jp

■本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 企画部
CSV/CSR推進室 広報担当:前田
info@casleyconsulting.co.jp
〒150‒6031
東京都渋谷区恵比寿 4‒20‒3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階
TEL: 03‒6409‒6363 FAX: 03‒6409‒6364