ITコンサルティング事業 キャスレーコンサルティング事業内容その1


事業内容

アプリケーションコンサルティング Application

Javaシステムにおけるアーキテクト

キャスレーコンサルティングでは、Javaを用いた企業向けアプリケーションにおいて、以下のようなコンサルティングの実績があります。
R&D開発における先端技術検証
APサーバ導入におけるマイグレーションのコンサルティング
複数言語、I/Fで開発された独自アプリケーションのJavaによるラッピング
大規模開発における開発ガイドラインの策定
大規模開発における技術QA対応、プロトタイピング

豊富な経験を持つコンサルタントが、お客様の課題に関して技術的見地からアドバイスを行い、最適な成果物を作成しています。

クラウドコンサルティング Cloud

製品およびテクノロジー評価

年間数百ものクラウドサービスがリリースされる中で、お客様が本当に必要な機能を持つ製品であるかどうかを調査し、また、テクノロジー的に最適かどうか評価することは時間・費用の観点から非効率的です。我々は、多くのお客様のクラウド導入をご支援してきた実績から、多数のクラウド製品やテクノロジーに関する豊富な情報を蓄積しており、お客様が本当に必要な製品やサービスに関する評価が可能です。
これら製品の選定・技術調査などを弊社が一括して行うことで、お客様の時間・コスト・リスクすべてを低減させることが可能です。

主要顧客クラウドを検討しているエンドユーザー様

ファイナンス・インパクト評価

クラウド製品を導入後、システム費用は劇的に変化します。例えば、自社で保有するハードウェア資産をクラウド化することで、従来固定費として減価償却されていた固定資産を変動費として計上したり、オフバランス化することが可能です。
我々は、クラウド導入における財務面のインパクトを調査・分析し、バリューアップの根拠となるレポートを作成します。これらのレポートは、自社の財務戦略はもちろん、金融機関への提出、M&Aにおける意思決定にも利用可能なものです。
また、クラウド化に伴うハードウェア資産の買取、成果報酬型のクラウド導入など、ユニークなサービスも行っております。

主要顧客クラウドを検討しているエンドユーザー様、バリューアップファンドの方、金融機関

システム監査・価値評価

クラウド製品を導入するにあたって、システムリスク、プロセス・バリューの関係、ISO27001/ISMS、Pマークや、業界基準(FISC、PCI DSS)など、把握すべき課題が多数発生します。
我々は、クラウド導入におけるシステム監査や価値の側面を調査し、リスクや財務評価の根拠となるレポートを提供しています。

主要顧客クラウドを検討しているエンドユーザー様、バリューアップファンドの方、金融機関

ソーシャル・イノベーション・コンサルティング Social Innovation

経済的価値に主軸を置いた、旧来型の利益偏重型ビジネスモデルは終焉を迎えつつあります。
今後、より大きな利益を創出し、世界中の顧客から幅広い支持を得るためには、社会的付加価値を重視したビジネスモデルを導入していく必要があります。
キャスレーコンサルティングでは、社会的価値の観点から自らビジネスモデルを創出し、その研究結果によってお客様のビジネス変革をご支援しております。

CSV (Creating Shared Value)コンサルティング

マイケル・ポーター教授が2011年に提唱した「共益価値」に関する研究をベースに、国内・海外の最新研究をベースにしたビジネスコンサルティングを行います。
お客様のビジネスや業務の課題を抽出し、CSVベースにどのようなアイデアが付加できるか、また、モデルを変革させることができるかコンサルティングを行います。お客様の従業員とともに、ワークショップ形式で実践を重ねながら定義を行うため、多大な社員教育効果も得られます。

主要顧客エンドユーザー様

エデュケーション

教育分野は、事業におけるポジティブな外部性が最も大きいとの研究結果に基づき、キャスレーコンサルティングでは自らエデュケーション事業を展開しております。
インターネットを利用したe-learningの仕組みで、全世界でITに関するエンジニアリング教育を展開していきます。

主要顧客一般消費者様(BtoC)

マーケティング

共益価値の増大は、主体間の協働によって、より大きな価値を創出するとの研究結果に基づき、キャスレーコンサルティングでは協働を前提としたマーケティングの研究に取り組んでおります。スマートフォンやタブレットを利用した新たな手法で新たなマーケティングの手段を創出します。

主要顧客エンドユーザー様