社内制度 キャスレーで行われるさまざまな制度について


社内制度

キャスレー会

2ヶ月に一度、全社員が集まる全社会議と懇親会を行っています。
全社会議では、会社の事業状況や、組織の活動状況、新しい制度の説明などが行われ、活発に情報共有が行われます。
また、会議後は毎回懇親会が行われ、グルメなテーマ(鍋、焼肉など)に沿って美味しい食事とお酒で日頃の疲れを癒します。

グループ制度

各メンバーは、配属されるPJとは別にそれぞれ独自のテーマをもった「グループ」という組織に所属します。
グループのテーマは、最新技術の研究、社内開発支援、基本的なビジネススキルの強化など幅広く、メンバーのキャリアプランや興味に応じて自ら応募することができる制度です。
年次や業務は異なれど、志向が同じメンバーが集まることでチームワークの強化とコミュニケーション向上、スキルアップなど多様な効果があります。
また、グループリーダー、チームリーダー、サブリーダーの3つの役職があり、リーダー的な経験も積むことができます。

タスクチーム制度

会社の課題をタスクとして細分化し、有志が集まって課題解決・改善を行う制度です。
新入社員から古参社員まで幅広い層が活躍しています。
入社年次に関係なく意見を出し合い、良い意見はどんどん採用されるため、自身の意見でダイナミックに変化する組織を体感でき、新入社員でも経営的な経験を積むことができます。

人事評価制度

顧客、会社、個人の視点から11項目の評価を自己採点、会社採点(上司、現場、営業、役員の合計)に切り分けます。
定期的に実施される人事評価MTGにおいて相互の採点結果を出し合い、採点内容のフィードバックをもとに、納得いくまで議論します。
中間期には相互多面レビューも実施され、希望者は類似のキャリアプランを持つ複数名のメンバーの評価を聞きながら、自らの行動や採点を振り返ることができます。
期末に最終査定を行い、昇給や昇進が決定されます。

人材開発制度
技術・ビジネス勉強会、社外研修制度

キャスレーコンサルティングは、年度利益の一定%で常に教育投資を行っています。
事業戦略に合わせて従業員が必要なスキル領域が定義され、目標を持ってスキルアップに取り組めるほか、その他の総合スキル(リベラルアーツ)獲得も積極的に支援しています。

自社研修

各グループ主催で、様々な種類の勉強会が開催されており、スキルアップの機会が多数あります。

技術系 Javaテクノロジ、データベース、ミドルウェア、開発プロセス、クラウド技術、業務系やメンタルヘルスなど

外部研修

また、社外の著名講師を招いてのマネジメント研修、グローバル人材研修実施、日経システムの外部セミナー研修、Amazon様主催のAWSセミナー等へ参加が可能です。
さらに、Biz CAMPUS(ビズキャンパス)主催の120種類以上に及ぶ研修(ビジネス系)と、翔泳社グループ主催のSEプラスの研修(IT専門)も受講する事ができます。

社内イベント・社内サークル

会社主催、グループ主催問わず、いろいろなイベント、サークルがあり、社員同士の交流が活発です。
会社主催のイベントは社員の家族も招待され、アットホームな雰囲気で盛り上がります。
バーベキュー、お花見、ハロウィンパーティ、クリスマスパーティ、社員旅行、フットサル部、バスケ部、カラオケ部etc…