RPA(ロボットによる業務の自動化)
Contents

ロボットによる業務の自動化

キャスレーコンサルティングでは、ロボットを用いた業務自動化・効率化 RPA:Robotic Process Automation に力を入れています。
その実績の一部をご紹介いたします。

Robotic Process Automation

uipath/RPA

◆サービス概要

近年、健康経営や働き方改革の一環として、ホワイトカラーの残業の抑制や業務効率化の取り組みが重要になっています。
そこで、これまで人間がシステムに入力していた工程などをロボットに代替させることで業務を効率化する手法として「RPA」が爆発的に普及しています。

弊社では、いち早くRPAのプロジェクトに取り組み、Ui Pathテクノロジーを利用してこれまでに多数のロボットを設計・開発してきました。
単純作業や繰り返し行われるルーチン作業は、全て弊社のロボットにお任せください。

参考:ロボットによる自動化開発技術ブログはこちら

RPA導入のメリット

  • 人件費削減・・・単純作業をロボットに代替し、高付加価値業務へ人員を転換。
  • 生産性向上・・・人為的な単純ミスがゼロに。ミスによるクレームもゼロに。
  • 単純業務の軽減・・・ルーチンな集計作業をロボットに代替。
  • 作業速度の向上・・・処理件数、生産数量の増大。
  • 夜間~24時間稼動・・・ロボットは夜間も働きます。24時間フルタイム稼動による工程短縮。

導入事例

-課題-

中堅サービス企業A社は、以下の課題で悩まれていました。

  • 定例で発生する会議資料を手作業で更新していた為、無駄が発生。
  • データの集計業務に時間がかかり、本来やるべき業務が出来ない。
  • 結果、残業代などの人件費が増加。

-導入後-

端末でロボットを実行するだけで、手動で行っていた複数のシステムから必要な情報の取得、資料作成はすべてロボットが実行。処理完了メールを待つだけになり、他の付加価値の高い作業を行うことができるようになった。
また、残業代などの人件費も激減した。

今回使用した技術

■利用技術
・RPA(ロボットによる業務の自動化)
 ●使用ソフト/プログラミング言語
  1) UiPath Studio …RPA技術利用のためのメインツール
  2) VB.net …UiPath .VB.netの関数を呼びだすことができるため
  3) VBA …ロボットによってはアウトプットの整形に使用

 

  • チーム・キャスレーブログ
  • 技術ブログ
  • CSV社長ブログ