先日、プレスリリースさせて頂きました、

「ICT for Socail Design Project」

https://www.casleyconsulting.co.jp/news/whats-new/551/

を開催させて頂きました。

009

当日は、ファシリテーターとして東京大学大学院の安斎勇樹さん、

参加者として東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、

中央大学、立教大学、法政大学などの学部生や修士卒のみなさん15名、

弊社から5名のメンバーが参加し、ワークショップ形式にて

・CSVにおける社会との共通価値に影響する要因の抽出

・CSVベースで、ITを使った新規事業のアイデア出し

を行いました。

参加メンバーの学生(&修士卒)のみなさんは

多くが社会的な活動をされており、

・CSVとBOPビジネスを研究するSIBP

・インクルーシブデザインで学習支援をするcollable

・震災復興を支援するYouth for 3.11

など、男性も女性も 熱い!熱い!! メンバーばかりです。

そして、学生さん自ら、社会活動の事例発表などを

行って頂きました。

<SIBPさんの発表の様子>

006

SIBPの勝又さんからCSVの最新事例についてお話してもらったのですが、

参加者から厳しい突っ込み?も入り、

うちの会議なみの真剣な雰囲気に・・・(笑)

そして、ワークでは、

ネスレジョンソンエンドジョンソン闇金事業者

ソーシャルゲームの会社さんなど、事業も、取り組んでいる社会活動も

みんなバラバラなものを比較しました。

主に 「それぞれが社会的にどのような価値を提供しているのか?」を

考えたのですが、人、チームによって意見が大きく異なり、

社会的価値の本質 について非常に興味深い内容でした。

<ワークの様子>

012

正直、内容が深すぎて、

途中からマイケル・サンデル教授の

これからの「正義」の話をしよう

の政治哲学論争を思い出してしまい、

一人で妄想に耽っていました。。。

さて、その後、抽出したキーワードをベースに、

5チームごとに新規事業をプレゼンしてもらったのですが、

ここでも ドラマ が。。。

なんと、すべてのチームから

異なった事業分野でのアイデア 

出たのです。

・教育事業

・文化事業

・環境&データマイニング事業

・シニア事業

・BOP事業

いずれも、通常の事業にCSVの要素を付加した

アイデアで、全部事業化してしまいたいぐらい。

<新規事業プレゼンの様子>

019

社会的価値の多様性・複雑性に気付かされる一方で、

この分野にものすごいビジネスチャンスが眠っていることを

確信できた瞬間でした。

そして、熱気あふれる学生の皆さんのアイデアに、

キャスレーメンバーもすごく刺激を受けていて、

次回、社員のみんなとのワークショップが

待ち遠しいです。。。

027

参加者のみなさん、本当にありがとうございました!!

僕たちが、これからのビジネスを作っていきましょう!!

砂川和雅