こんばんは、キャスレー砂川です。

今日は、前回お約束した、キャスレーの重要な経営戦略である、

CSV : Creating Shared Value  について、

事例をベースに、イントロをお話しします。

CSV は、ハーバード大学のマイケル・ポーター教授が

2011年に発表した論文における経営戦略のコンセプトで、

「社会課題の解決と、企業の利益、競争力向上を両立し、

 社会・企業双方に価値を生み出す取り組み」

の事です。

なんか小難しいですが、すごくシンプルに言うと、

「しっかり利益を出す+みんながハッピーになるように考えて

 ビジネスやサービスを設計しよう!」

という事になろうかと思います。

今日は、このコンセプトをスッキリと理解して頂くために、

身近な事例として、コカ・コーラさんの

「いろはす」

を挙げてみたいと思います。※1

「いろはす」は、コカ・コーラさんが発売したご存知 「水」 で、

2009年の販売開始から累計出荷20億本を突破、今やどのコンビニに

行っても必ず置いてあるメジャーブランドとなりました。

この「いろはす」、何が特徴かと言うと、飲んでおいしいうえに、

ペットボトルを超軽くした

のが特徴です。

超軽くした???

「だから何?」って言われそうですが、これが、物凄い波及効果があるんです。

まず、シンプルに、作る段階でペットボトルの石油原料の使用量が減りました。

樹脂使用量は、コカ・コーラ従来製品に比べて約40%削減。

環境負荷を減らすことに成功しました。

次に、運ぶ段階に携わる人を幸せにしました。

そりゃ、ケースが軽いほうが持ち運びしやすくて、

老若男女、みんなが嬉しいですよね。

腰を痛める確率も減ったはずです(これはあくまで予想です)。

軽いことは流通にかかるトラックやリフトなどの動力機関の

ガソリン・負荷も間接的に低減します。

そして、最後は飲み終わった段階でリサイクルを簡単にしました。

いろはすは、ペットボトルなのに絞れるんですね。

小さくすることで空ボトルの輸送や保管の効率を上げ、

リサイクル負荷も低減できます。

最近では、「ボトルアート」なんていうジャンルまでできました。

ボトルアート 「骨付き肉」 「コサージュ

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ILB9JvX8JEc

CSV のフレームワークには、その要素を満たす方向性が

3つあるのですが、いろはすは、そのうち2つの要素を満たします。

・社会課題を解決する製品

・(間接的な)バリューチェーン競争力強化

「なんで当てはまるの?」

「え?社会課題?バリューチェーン?」

「あれ、3つ目がない・・・!?」

・・・なにか聞き慣れない言葉と、謎の3つ目が出てきました。

次回は、これらCSVのフレームワークにおける「3つの方向性」の定義と、

これらの要素になぜ当てはまるのか、ご説明できればと思います。

お楽しみに。

さて、今日の事例は、「いろはす」でした。

日本の名水地7つの水源を厳選した美味しい水、

ペットボトルを軽くして環境負荷や流通プロセス良化にも貢献、

そしてこれらの積み重ねの結果、555MLで126円という価格!!

しっかりと利益を出しながら、みんながハッピーになる。

”「おいしい」と「環境にいい」を両立したウォーターブランド”として、

CSV 要素を満たしたすごい事例ですね。

ちなみにいろはす開発メンバーの 小林さん(女性) カッコイイ女性ですね!!

※1 なお、いろはすは2009年に発売され、CSVのフレームワークを
前提に設計されている訳でない&本質的な競争要因として「軽くしたこと」が
該当するのか、理論家には議論の余地があると思います。

ここでは、あくまでCSVの概念を理解する好例として紹介したものと

ご理解頂けると嬉しいです。