こんにちは、キャスレー砂川です。

連日暑い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

IMG_6853 (1)

先日は暑気払いのために、社内メンバーでビアガーデンに行った時の写真です。

先週のブログでは、CSVにおける3つの方向性をご紹介しました。

・社会課題を解決する製品

・(社会課題の解決と両立する)バリューチェーンの競争力強化

・(社会課題の解決と両立する)事業展開地域での競争基盤強化

今回から数回にわたって、この3つの方向性それぞれ、どんな事例が当てはまるのか、具体的にご紹介していきたいと思います。

今回は、3つの方向性の中でもいちばん直球の、社会課題を解決する製品」、この事例を見ていきましょう。

社会課題を解決する製品、と言われて、皆さんはどんな物が思いつくでしょうか?

「社会貢献」の要素が強いモノを想像するのではないでしょうか。

どんな製品が当てはまるか、ちょっと考えてみましょう。

・・・・・。

いきなり言われても、なかなか思いつかない?

それでは、突然ですが、3択クイズ形式で行きましょう。

以下の中から、CSVにおける「社会課題を解決する製品」に最も近い製品はどれか、選んでみてください。

1)リサイクルペーパー

2)ハイブリッド車

3)ソーラーパネル

・・・・・皆さん、どれか1つ、これだと思うものを、選びましたか?

それでは正解を発表します。

いちばんCSVの「社会課題を解決する製品」に近いのは…

2)ハイブリッド車

です!!

どうでしょうか?皆さん、当たりましたか?難しかったでしょうか?

それでは、なぜハイブリッド車が、CSV的にいちばん社会課題を解決する製品」に近いのか、解説していきたいと思います。

理由はズバリ、「売れたから」です。

もう少し詳しく解説してみます。

まずハイブリッド車の仕組みは、

・ガソリンで動くエンジンと電気で動くモーターを同時に搭載し(だからハイブリッド、なんですね)、

・発進時はモーターを、速度が出てからの動力はエンジンを、といった具合に、走行状態に応じて、よりエネルギー効率の良い動力源を動かし、

・さらに、バッテリーも搭載して走行時の動力を活用して充電もしてしまう

というものです。

そして、この技術によって得られる最大の特徴は、

・消費するガソリンの量を抑えられる

というもの。

これによって、

・消費者:ガソリン代が節約できる

・地球温暖化問題:CO2排気量が抑えられる

・エネルギー問題:枯渇が心配されているガソリンの消費量を抑えられる

という、様々なレイヤーでのメリットが生み出されます。

このメリットのおかげで、

「燃費よく走りたい=ガソリン代を少しでも安くしたい」という消費者の節約ニーズと、

「世界的に心配されているガソリン消費量の増加を抑えたい」、「CO2排出量を抑えたい」という社会的ニーズを同時に満たすことができました。

このように、「社会に良い」という特徴と、「消費者に良い」という特徴が合致することで

「節約できて地球にもやさしい!?」というイメージにつながり、爆発的ヒットとなったのです。

車という、長年同じ様な商品特徴の、成熟市場とみられていた分野で、

新たな市場を作り出したとまで言われています。

一方、クイズの他の選択肢である

1)リサイクルペーパー

3)ソーラーパネル

ですが、

これらの製品も、もちろん社会課題を解決する素晴らしい性質や役割を持っています

リサイクルペーパーは、新たな森林伐採を抑制できるはずの製品ですし、

ソーラーパネルは、クリーンエネルギーを生み出す、大変重要な製品です。

しかし、これらの製品は、その社会的な意義が、商品が売れるための決定的な強みにつながっている、と言えるでしょうか?

この点が、CSV的な意味での、「社会課題を解決する製品」となる重要な条件です。

つまり、CSVの考え方に当てはまる「社会課題を解決する製品」とは、

単に社会貢献をする事業なのではなく、

その製品が持つ社会課題の解決となっている要素が、

「新たな市場の開拓や創造」、ひいては「売上げへの貢献、より大きい利潤」につながっているもの、となる訳です。

こういうモノでないとCSVに当てはまる、とは言い切れないのですね。

もちろん、リサイクルペーパーやソーラーパネルも、その製品設計やマーケティング戦略のあり方で、

CSVにつながっていく要素を十分に備えていることを、最後に強調しておきたいと思います。

いかがでしょう。

CSVへの理解が、また一つ深まったのであれば幸いです。

社会課題を解決する製品は他にはどういったものが当てはまるのか

世の中には他にもそういった製品がたくさんあると思うので、色々と探してみてくださいね。

次回は、CSVにおける「バリューチェーンの競争力強化」について、解説していきたいと思います!