こんにちは、キャスレー砂川です。

連日猛暑が続きますね。私は最近は冷たいものの食べ過ぎ、飲み過ぎで夏バテ気味です。

みなさんも体調気を付けて夏を乗り切りましょう!

写真 (21)

暑い時は、気分転換に近くのカフェでミーティングを行ったりしています。

さて、前回の記事から、「CSVにおける3つの方向性」の1つずつをご紹介し、

当てはまる事例とともに考え方を解説してきました。

【CSVにおける3つの方向性】

・社会課題を解決する製品

・(社会課題の解決と両立する)バリューチェーンの競争力強化

・(社会課題の解決と両立する)事業展開地域での競争基盤強化

今回は、2つ目の「バリューチェーンの競争力強化」についてご紹介したいと思います。

■バリューチェーン強化が社会貢献になる?

社会人経験のある方でしたら既にご存知の方も多いかとは思いますが、学生さんなどのためにも、

まずは改めて「バリューチェーン」とは何かについて、確認しましょう。

この用語も、実はCSV概念の生みの親、マイケル・ポーター氏が提唱した概念なんです。

この考え方では、まず企業の活動を「社会への価値の提供」と定義します。

そしてその価値を生み出すためにかかったコストと、

企業の提供した製品・サービスが社会にもたらした価値の差が、企業が得られる利益だと捉えます。

この「差」、つまり利益を最大化するために、価値を生み出す活動を段階別に細分化し、

パフォーマンスを図ってどの段階を改善するべきか考えたり、

各活動段階の組み合わせ方を判断したりされています。

以下が、主なバリューチェーンの行程と呼ばれる物です。

()内は、カメラを生産する企業を例に、具体的にどのような活動となるか記してみました。

1)購買物流(カメラの材料となる部品などの仕入れ)

2)製造(カメラを作る行程)

3)出荷物流(生産したカメラの出荷、家電量販店など店頭への流通)

4)マーケティング・販売(カメラを消費者に知ってもらい、店頭で購入してもらうための活動)

5)サービス(故障などに対応アフターサービスや、ユーザーの満足度を高めるための会員サービスなど)

※さらに企業の活動には、この1〜5以外にも、例えば人事や、管理部門など、ベースとなる活動もあり、それらもバリューチェーンには含まれます。

一般的には、上記の活動のコストをいかに下げて、かつ社会(消費者)に受け入れてもらえる価値水準を高めるか、を考え、

この両者の差を大きくすれば、企業の得られる利益が大きくなって行く、という訳です。

ここにCSVが組み合わさるとどうなるかというと、

これらの行程のどこかを強化することで、自社の利益増強と、社会に良いことが同時に達成できたら…!

ということを考えるわけですね。

確かにこの2つを同時に実現できれば、この上なく素晴らしいことですが…

そんな「うまい話」ってあるのでしょうか?

…あるんです。

自社の利益増強と社会に良いことを同時に達成している企業があるんです!

ということで、今日ご紹介する事例は、この行程を強化して行く時に、社会貢献活動も同時に行うことに成功し、

今や「CSVといえばこれ」というイメージが付いている事例でもあります。

■途上国の地方の女性にキャリアチャンスを〜プロジェクト・シャクティ

このプロジェクトは、営利企業が社会貢献と自社の企業活動の強化が同時に行えた事例として、あまりにも有名ですので、

すでにご存知の方も多いかもしれませんが、

それだけに定番でもありますので、改めてまとめてみたいなと思います。

このプロジェクトは、シャンプーや生活用品でおなじみのグローバルブランド、ユニリーバのインド法人、

ヒンドゥスタンリーバが当時、インドの市場でシェアを拡大させるために行った活動です。

(分かりやすいように、以下では社名を『ユニリーバ』で統一します)

インド国内でのシェアを拡大させるためには、農村部での売上げ向上が必須と考えたユニリーバは、

なんと農村部での女性に対し、

自社製品の販売員としてのトレーニングを実施し、女性販売員をどんどん生み出し、売って回ってもらう、という作戦を打ち出したのでした。

この結果、農村部の人口に対して、ユニリーバ製品販売網のカバー率が格段に上がったのです。

なかなか面白い事例ですよね?

興味深い点が多く、もう少しじっくり見ていきたい部分もあるので、

次回さらに詳しく、このプロジェクトについて紹介していきたいと思います!

最後に、

冒頭でもお話しましたが、私は最近冷たいものの飲み過ぎで夏バテ気味です。

そこで少し、夏バテについて調べてみたところ、

「逆に身体を温める」

これが、かなり夏バテ対策として良いそうです。

夏なのに身体を温める!?

と思われるかもしれませんが、ぜひ試してみてください。私も試してみます!

それではみなさん、夏バテとさよならをして、素敵な夏をお過ごしください!