こんにちは、キャスレー砂川です。

前々回のブログに書かせて頂いた、

「逆に身体を温める」

こちらの夏バテ対策を早速実践させて頂きました!

s-IMG_1659

真夏にまさかのしゃぶしゃぶです。(笑)

夏の本格化に備えてしっかりとスタミナをつけていきますよ!

さて、ここ数回にわたり、「CSVにおける3つの方向性」を1つずつご紹介しているわけですが、

今回はその3つ目、事業展開地域での競争基盤強化」についてお話したいと思います。

この考え方の中心になっている、「競争基盤の強化」とはどのようなものか、詳しく見ていきましょう。

まず、ビジネスで競争に勝つには、どんなことが必要でしょうか。

分かりやすく、製造業で考えてみます。

シンプルに考えれば、

より品質の良い商品を、より安く提供できれば、より売れる

と予想されます。

この「より売れる」状態を実現するためにはどんな手を打ったらいいのか考えるために

製造業を成り立たせる構成要素を分解して考えてみましょう。

実際にはもっと細かい手順がありますが、とことん簡略化すると

原材料の調達⇒工場で組み立て⇒パッケージング⇒流通網におけるマーケティング⇒販売

という風に考えられますね。

短期的に、「より安く」を実現するためには、たとえばこの「原材料の調達」にかかる原材料費を

抑えられるだけ抑えよう、とするのも1つの手です。

しかし、これを行うと、原材料を提供する工場は、利益が上がらず、疲弊し、経営が難しくなってしまうことで、

原材料の提供からの撤退を余儀なくされるかもしれません。

すると、原材料を安く調達しようと思っていたところが、結局製造業のビジネス自体の成り立ちに

マイナスになってしまう可能性すらある、ということになります。

このように考えると、1人の人間が周りのいろいろな力や影響を受けて成長し生かされているのと同じように、

企業も、ビジネスを展開する場面において、様々なステークホルダーの影響を受けています。

先の例を考えれば、原材料を提供する企業の他にも、製造をする工場や、流通網を維持する運送や

ロジスティクスのインフラなど、様々な人々のサポートがあって初めて、事業が成り立つのです。

そのため、自社の事業の成長性を長期的に維持することや、効率的に利益を上げる体制を作るためには、

事業と関わりのある様々な分野を、育成したり、支えたりすることが重要になってきます。

この自社事業の「競争基盤」には、事業を構成する様々な要素と関連した産業や団体、そして制度などが含まれます。

CSVの論文などでは『クラスター』と呼ばれているのですが、

これらの要素を支援し強化することと、社会貢献を両立すること、

これがCSVの3つ目である「事業展開地域での競争基盤強化」の考え方となっています。

この「クラスター」には、様々なステークホルダーが含まれます。

例えば分かりやすいところで、株主や顧客、従業員、潜在的就職者、事業所がある地域の人々などです。

また、事業を支えるパートナー企業もあれば、事業を成り立たせる産業インフラもこの「クラスター」と考えられます。

そして、事業が関わる市場全体のルール自体も、維持・支持するべき「クラスター」に含まれます。

人と人と同じように、事業も、周りの「クラスター」と支え合っていると考えれば、

そのクラスターが根付いている地域に貢献し、戦略的にクラスターを支援したり育成したりすることが、

自社事業の成長に不可欠となってくるのではないでしょうか。

今回は、考え方の説明で大分長くなってしまいましたね。

次週、「事業展開地域での競争基盤強化」の考え方にフィットすると感じ、

「これは新たな事例ではないだろうか」と私が注目している事例について、

ご紹介したいと思います。

次回もお楽しみに!