皆さんこんにちは、砂川です。

先週の土曜日、弊社セミナールームにてキャスレー主催のハッカソンを行いました 

※詳しくは、8月21日投稿のチーム・キャスレーブログをご覧ください。

【Casley AWS Summer Hackathon】:https://www.casleyconsulting.co.jp/blog/team_casley/380/
DSC_0383

今回のハッカソンはCTOの田中が中心となり、企画から運営までを担当。

社内外問わず15名ほどのエンジニアが集まり、非常に楽しいイベントになったそうです。

私はセミナールームの外からほんの少し覗く程度しかできなかったのですが、次回はぜひ参加してみたいですね。

 

 

さて、前回までの記事で、

私たちキャスレーが、事業戦略の中心に位置づけているCSVの考え方について、一通りご紹介しました。

キャスレーがCSVを事業戦略の中心に据える理由は、今までご紹介してきた通り、様々ですが、

その中に、収益最大化と、社員のためになる経営が両立できる考え方であるからというものがあります。

開発会社は未だに、残業が多そうだとか、大変な仕事といった先入観が強いですが、

私はこういった、

ただ「疲弊する」という開発会社の勤務イメージを変える様な会社を作りたい

そう思っています。

そのためにも、特に人事面でCSVの要素を取り入れた制度設計が重要と考えており、

このブログ上でも、CSV的な人事や人材関連の取り組みについての先行事例をご紹介していこうと思います

 

さて、今回は、CSV的人事制度のお手本的だなと思える、

ジョンソン・エンド・ジョンソンの「職場禁煙ポリシー」についてです。

ジョンソン・エンド・ジョンソンはご存知の通り、ヘルスケア製品のグローバルメーカーですが、

世界各地のオフィスにおいて全社的に禁煙を推奨する取り組みを行っているとのことです。

以下、ジョンソン・エンド・ジョンソン企業サイトより引用===

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、全世界のグループ企業すべての職場を禁煙とする

「職場禁煙ポリシー(Worldwide Tobacco-Free Workplace Policy)」

2007年より実行しています。

(中略)

既に世界中のジョンソン・エンド・ジョンソンの98%を超える職場が職場禁煙ポリシーを実行し、

ビル敷地、オフィス内、社用車、会社主催のイベントを含むすべての事業所における喫煙を禁止しました。

===http://www.jnj.co.jp/group/environment/no_smoking_policy/index.html より引用

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、世界60カ国に250以上のグループ企業を有し、総従業員数約128,000名、

もちろん中には愛煙家の方もいらっしゃるでしょうから、少々驚きの取り組みですね。

ですが、ヘルスケアを推奨する企業としては、頷けるものです。

これは、単に「ヘルスケアメーカー」としてのブランドイメージ戦略のためだけ、という訳ではありません。

CSVの考え方を思い出して欲しいのですが、

全世界における「職場禁煙ポリシー」は、社会的な価値と、企業の業績価値が両立するような戦略です。

この制度をCSVの観点から分析すると、

禁煙⇒社員の健康維持向上によって

・喫煙による医療費などの負担(社会保険コスト等)を抑えるという「社会的価値」

・健康低下や喫煙による離席などの、業務効率低下をなくすという「業績価値」

の2面を実現しうるものとなっています。

全社での禁煙の是非はひとまず置くとしても、

「社員の健康増進」「社会保険コスト低減」という社会的取り組みと、企業のコストカット・業務効率アップという収益面への取り組み、

この2つが結びついている好例ではないでしょうか。

私たちキャスレーでも、開発会社ならではの考え方をベースにした、CSV的な人事の取り組みを行っていきたいと考えています。

折りをみて、こちらでも紹介していければと思いますので、今後のブログも楽しみにしていてくださいね。