こんにちは、砂川です。

今回は、IT企業の行っているCSV的に興味深い取り組みをまたまたご紹介したいと思います。

IT企業のCSVシリーズ、第3弾です。

9月17日、日本を代表するポータルサイトであるYahoo! JAPANさんが新しい取り組みを発表しました。

さわれる検索」というものです。

===「さわれる検索」サイトから引用

インターネットは、見るもの、聞くもの。

それが「さわれる」ようになったら、どんな未来が待っているんだろう?

そんなインターネットの未来を描くために、Yahoo! JAPANは

「検索」と「3Dプリンタ」を融合させたコンセプトモデル「さわれる検索」を開発しました。

検索したものがそのまま立体物として形づくられる、“新たな検索”への第一歩です。

===

「さわれる検索」は、最近一般にも普及してきた3DプリンターとYahoo! JAPANさんの検索サービスを組み合わせ、

視覚にハンデのある子どもを始めとした人々に、触覚で理解できる検索情報を提供しようという取り組みのようです

サイトや報道を見ていくと、今回の取り組みは、すぐに実用的な検索サービスを作ることが狙いでなく、

いわゆる「コンセプト・カー」と同様、Yahoo! JAPANさんの近未来のサービスを表現する

「コンセプト・サービス」としての位置付けであるといえます。

この事業について、Yahoo! JAPANさんがCSVとしてストレートに取り組んでいるとは言えませんが、

このサービス自体、極めてCSV的な要素を含んでいると感じています。

その理由として、(私見で恐縮ですが・・・)

Webによるサービス、特にその中心の検索は、今まで文字入力、さらに画像表現を中心に発展してきました。

ユニバーサルデザインや、アクセシビリティが意識されたサイト、音声読み上げに対応したソフトウェアなどもありますが、

既存の文字入力というインターフェースでは、視覚的なハンデを持った方々も含む、すべてのインターネットユーザーへの

普及に高いハードルが存在します。

今回のサービスは、3Dプリンターという技術を使って「検索をさわれる」ようにすることで、

情報アクセスへの偏りという社会的課題に対して1つの解決策を提示すると同時に、

今までYahoo! JAPANさんの検索を利用していなかったユーザー層を取り込む、という

経済的価値も達成している、と言えるのではないでしょうか。

現時点では、検索のデータベースとなる3Dデータの数は100〜150が目標ということで、

まだまだ実用的なレベルではありませんが、

こういった方向性のサービスを実際に実現させたという強いビジョンが感じられます。

さすが、社是に「課題解決エンジン」を標榜しているYahoo! JAPANさんですね。

キャスレーコンサルティングも世界を代表するCSVカンパニーとなるべく、

社会課題を解決できるようなサービスや取り組みにこれからも力を入れていきます。

それでは、次回のブログもお楽しみに!