こんにちは、砂川です。

今週は、先週に引き続き最新のITビジネス事例を私なりに考えながら、
CSV的アプローチにつながる観点を書いてみたいと思います。

今週紹介したいのは、
これも旅行系サービスとして今大変話題になっている、Airbnbです。

先日は、マーケティングディレクターの方が日本でのメディアイベントに登壇されたようで、
急成長までの軌跡も記事として読むことができます(参考記事 )。

このサービスも、先週のMeetripと同じく大変興味深いと感じています。

旅行先でのトランザクションであるという要素は共通ですが、
それ以上にAirbnbで注目なのは、
自分の持ち物を他人に使ってもらい、それを自分の収入にする」
という点です。

この点を参考記事内では「シェアリングエコノミーがこの世界を転換しようとしている」と語られていました。

この「シェア」、スタートアップの視点からも大きな要素ですが、
CSVの視点からも、1つの大事なポイントではないかと感じています。

Airbnbのサービスの仕組みは、ざっくり説明すると、
「自宅や自分の所有する物件を、旅行者に貸し、滞在日数分の対価をもらう」
というものです。

ホテルはいっぱいでも、人の住んでいる家には空室がある。

そこを、旅行者とマッチングすることで、新たな市場を創出しているサービスです。

使いやすいサイトや、物件を貸す人に無料のフォトグラファーサービスなど
手厚いサポートも相まって急成長した同サービスは、
2008年に創業し2012年に登録物件数が世界で50万件、
宿泊者数は今まで累計900万人にのぼるそうです。

一昔前では、見ず知らずの旅行者を泊めることはかなり抵抗があるというか、
発想すらされないものだったと思います。

しかし、Eコマースの発展やソーシャルネットワークで、思わぬ出会いがあることを知った人々の一部では、
ネット上でマッチングされた相手との出会いや、取引への抵抗も少なくなりました。

これにより、旅行者に家を貸しても良い、また人の家に滞在しても良いと感じる人々に、
ホテルより安価だったり、付加価値が高かったり、ローカルの人々との交流が楽しいと感じられる
Airbnbの様なサービスが支持されるようになっていった印象です。

で、私が注目に値すると感じるのは、この意識の変化です。

自分の所有するものを、固定的なものと捉えず、
他の人と共有できるものである、それによって対価をもらったり払ったりすることができる。

そういう意識になるのに、インターネットやソーシャルメディアを中心とした、
テクノロジーが果たした効果は大変大きいと感じます。

このサービスの場合、家の中の使われていない部屋、スペースが可視化され、オンラインでマッチングされています。

これが、もっと様々なものをつなげられるようになったら、
社会のいろいろな問題が解決できるようになるのではないか?

そんなポジティブでわくわくした気持ちになるのは、私だけではないはずです。

現に、キャスレーで、東日本大震災の直後に立ち上げた都道府県災害ボランティアセンターも、
ボランティアが必要だというニーズを可視化することで、マッチングするサービスでした。

ボランティアの方の労働力の「シェア」とも、考えることができます。

「シェアエコノミー」、1つのヒントとしてこれからも注目していきたいですね。