こんにちは!砂川です。

少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
本年もキャスレーコンサルティング、そして当ブログをよろしくお願いいたします。

さて、今回は、昨年から日本国内でも話題を集めている、
「クラウドファンディング」や「マイクロファイナンス」について、
改めてご紹介したいと思います。

昨年末、こんな新聞記事がありました。

小口資金の調達、ネット活用盛る 金融審が最終報告書

お金の集め方も、今やインターネットやIT技術が組み合わさった新たな仕組みができつつあるようです。

この「クラウドファンディング」の他に、
より社会貢献性が高いと考えられている、「マイクロファイナンス」というものがあります。

◯ITを活用してお金を流動化させる注目のサービス2タイプ

「クラウドファンディング」とは、
特定のプロジェクトや、企画段階の商品などについて周知し、
そのプロジェクトを応援したいと思ったり、商品を実際に欲しいという不特定多数の人が、
その活動資金を提供するというものです。

1人1人の金額は大きくなくても、多くの人が資金を出し合うことで、
まとまったお金になるという仕組みですね。

ネット場にはこのサービスプラットフォームが沢山あるので、
すでに使ったことのある人や、知っているという方も多いと思います。

一方、「マイクロファイナンス」は、
小口で、融資など金融サービスを提供するもので、主に世界の貧困改善のために活用されています。

一般に、お金を借りるなどの金融サービスは、裕福だったり一定の信用がないと受けられません。

そのため途上国などの貧困層は、自分で仕事を営むためにお金が必要でも、正規の金融機関を利用できず、
結果として非合法な高利貸しなどを利用するしかなくなるという状況がありました。

これに対して、貧困層の人々に小額のお金を貸すだけでなく、
その使い方や事業計画などについてもアドバイスするといった、
貧困を脱するためにお金を活用してもらう支援、事業を継続・拡大してもらうためのアドバイスが色濃いサービスです。

ノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス氏のグラミン銀行が有名ですね。

この「マイクロファイナンス」元々は金融機関やNPOですが、
最近ではこの融資もネット上で不特定多数の人から小額ずつを募る仕組みを取り入れたNPOや投資ファンドも多数出てきました。

◯これがCSV的!と思う理由

いずれのサービスも、
「お金が必要だが、既存の金融機関からは融資が受けにくい」人々と
「魅力的だったり、意義を感じる物に対して、お金をちょっとなら出してもいいかな」という人々を
インターネットを通じて結びつけることに成功しています。

昨年紹介したAirbnbやmeetripと共通のコンセプトがここにはあるように感じます。

つまり、時間的、空間的、社会的制約によって、以前の世の中では結びつかなかった人同士が、
IT技術やインターネットによって交流が生まれているのです。

今回ご紹介したのは、この交流がお金を中心とした交流になっているもの、ということですね。

クラウドファンディングにも、マイクロファイナンスにも、
まだまだ課題はありますが、
既存の制度からこぼれ落ちる部分を結びつけることができるこの動きは、注目に値するでしょう。