こんにちは、キャスレー砂川です。

blog0601

【写真 ( 説明は最下部 ) 】

最近は弊社のR&D ( 研究開発 ) について大きな技術革新があったり、

【研究開発_第3回】 画像の高解像度化技術 ~新型画像処理技術(デコンボリューション)の説明~

Creating Shared Value ( 以下、CSV )の最新動向を知るためにセミナーに参加したりと、忙しく活動しています。

最近参加したCSVのセミナーでは、”CSVを絡めた経済政策” を国際競争の観点から

政府が推進していることを知り、CSVの社会的認知が高まっていることを実感しました。

詳しい内容は割愛させて頂きますが、キャスレーでも海外でのCSV事業を複数推進しており、

CSVでの事業展開を考える企業の先行事例として、国際競争・経済政策の観点からも

寄与できればと思いを強くしました。

キャスレーが目指すところは、経営理念のとおり

「お客様と社会、従業員すべてに共通した価値をもたらすビジネスとサービスをITで創り出すこと」

ですが、この ”社会” という要素には、公益に資するというコンセプトが含まれます。

現在のところ、企業として社会に還元する事について

資本(株式)市場における投資意思決定に、より精緻な社会的価値の指標を導入する

→ 利益と社会的価値の両方が投資家の投資選好基準となり、さらに社会的価値が

重視される資本市場を目指す。結果、市場メカニズムによって社会に貢献する企業への

投資が誘因され、企業の経済活動を通じて社会的価値が増幅される。

経営者や従業員、投資家の意識が変わり、より良い社会の実現に寄与する。

( 指標を提供するだけでなく、導入の実現を目指す )

これを10年以内に実現する。

を10年先のゴールに設定しています。

無論、すでに ESG : Environment, Social, Governance 情報は普及していますし、

SRI : Social Responsibility Investment や ESG に基づいた投資は一般的に

なりつつありますが、

・社会的インパクトの評価や業績、CSVとの因果関係・相関関係

・機関投資家以外の個人投資家レベルへの普及

には、まだまだ改善の余地があると考えています。

先行研究に我々の知見も加え、より高い水準で社会的価値の指標を作ること、

キャスレーがCSVの実践を通じて市場に良い影響をもたらすこと、

それがキャスレーの経営理念における “社会” 要素のひとつです。

キャスレーでは、企業活動としてCSV事業を実践すると同時に、アカデミックの分野でも

非財務情報の研究や、研究成果をレポートや論文などで発表し、様々な

ステークホルダと協働しながら上記のゴールに向かって自ら社会を動かしていきます。

※大学の研究者の方へ

産学連携でのCSV研究を推進すべく、共同研究の募集を随時行っております。

特に、

・コーポレートファイナンス分野

・組織経済学 ( 産業組織論 ) 分野

で研究テーマがありますので、ぜひご連絡ください。

<お問い合わせ先>

キャスレーコンサルティング株式会社

CSV : Creating Shared Value ( 共通価値、共益価値 ) 研究窓口

以下のコンタクトフォームよりお問い合わせください。

https://www.casleyconsulting.co.jp/contact/

※種別は 「その他のお問い合わせ」 をご利用ください。

以上、CSV分野においてキャスレーがイニシアチブを取り、マーケットリーダーとなるべく

挑戦していきますので、引き続きどうぞよろしくお願い致します。

【写真】

タイにおける経済発展、トレードオフで発生している交通渋滞の様子を撮影しました。

途上国ではおなじみの光景です。日本もモータリーゼーションの時代に経験しました。