こんにちは。SI部の江川です。

今回はアクセス解析ツール「Google Analytics」の導入方法についてご紹介します。

Google Analyticsとは

Googleが提供する、Webページのアクセス解析サービスです。

GoogleAnalyticsは、世界中の大規模サイトに導入実績のある高機能なアクセス解析ツール、Urchinをベースにしたもので、広告効果の測定、ユーザーのサイト内での移動履歴の確認、検索キーワード解析など、ネットビジネスの効率化に必要な様々なデータを取得することができます。

Google Analytics(アナリティクス)を利用することで、

  • 「どのページにアクセスが集まっているか」
  • 「どのページがランディングページとなっているか」
  • 「離脱率が高いのはどのページか」
  • 「どこからのアクセスが多いのか」
  • 「ユーザーはPC利用者が多いか、又はスマホ利用者が多いか」

といった事を確認することができます。

これらを確認することで “サイトの特徴” や “現状の問題点”、”訪問者の欲求” を洗い出すことができ、今後のサイト運営に関しての方向性を明確化させることができます。

Google Analyticsの導入

今回は、実際にGoogle Analyticsを導入し、アクセス状況をレポートで確認してみたいと思います。

  1. アカウント作成
  2. トラッカーの作成
  3. レポートの確認

1.アカウント作成

まずはGoogle Analyticsのアカウントを作成します。

Google Analyticsのログインページです。こちらのページからアカウント作成ページに進みます。

次に申し込みをしてみましょう。

これでアカウントの作成ができました。

続いて、設定情報を入力します。 アカウント名やウェブサイト名、URLを入力し、「トラッキングIDの取得」を押下してください。

以上でGoogle Analyticsの初期設定は完了となります。

「Analytics設定」画面 下方に表示された「トラッキングコード」は、トラッカーの作成を行う際、利用しますのでコピーし控えておきましょう。

2.トラッカーの作成

トラッカーは、基本的なページビューの測定やカスタマイズすることさまざまな内容を測定する設定を行うことが可能です。

ここで設定したトラッカーの内容をGoogle Analyticsのレポート機能で確認することができます。

今回は、以下のトラッカーの作成方法について説明します。

  • 基本なページビューを測定する
  • 仮想的なページビューを測定する
  • クリック操作などのイベントを測定する

基本なページビューを測定する

Google Analyticsの管理画面で発行されたトラッキングコードをWebページのヘッダに貼り付けます。

以上でページビューの測定が開始可能となります! とても簡単ですね。

設定例:基本トラッキング コード

<html>
<head>
//***************以下トラッキングコード***************
<img src="data:image/gif;base64,R0lGODlhAQABAIAAAAAAAP///yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7" data-wp-preserve="%3Cscript%3E%0A%20%20(function(i%2Cs%2Co%2Cg%2Cr%2Ca%2Cm)%7Bi%5B'GoogleAnalyticsObject'%5D%3Dr%3Bi%5Br%5D%3Di%5Br%5D%7C%7Cfunction()%7B%0A%20%20(i%5Br%5D.q%3Di%5Br%5D.q%7C%7C%5B%5D).push(arguments)%7D%2Ci%5Br%5D.l%3D1*new%20Date()%3Ba%3Ds.createElement(o)%2C%0A%20%20m%3Ds.getElementsByTagName(o)%5B0%5D%3Ba.async%3D1%3Ba.src%3Dg%3Bm.parentNode.insertBefore(a%2Cm)%0A%20%20%7D)(window%2Cdocument%2C'script'%2C'%2F%2Fwww.google-analytics.com%2Fanalytics.js'%2C'ga')%3B%0A%0A%20%20ga('create'%2C%20'UA-99999999-9'%2C%20'auto')%3B%0A%20%20ga('send'%2C%20'pageview')%3B%0A%0A%3C%2Fscript%3E" data-mce-resize="false" data-mce-placeholder="1" class="mce-object" width="20" height="20" alt="&lt;script&gt;" title="&lt;script&gt;" />
//***************ここまで***************
</head>
<body>
・・・
</body>
</html>

仮想的なページビューを測定する

JavaScript等で実際には画面遷移を行っていない制御(仮想的なタブ、メニュー表示等)の場合、基本的なページビューの設定では測定が困難です。

そこで仮想的なページビューを用意し、仮想的な画面を表示する契機にトラッカーを設定することで、実際には画面遷移をせずとこも測定することができます。

設定例 :ページビュー トラッキング (仮想的なページビュー)

<img src="data:image/gif;base64,R0lGODlhAQABAIAAAAAAAP///yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7" data-wp-preserve="%3Cscript%3E%0A%24(document).on(%22click%22%2C%20%22.tab%22%2C%20function()%20%7B%0A%20%20%20%20%2F%2F%20.tab%E3%82%92%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%80%81%E4%BB%AE%E6%83%B3%E7%9A%84%E3%81%AA%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%92%E8%A8%88%E6%B8%AC%E3%81%99%E3%82%8B%0A%20%20%20%20var%20%3Cstrong%3EvirtualPath%3C%2Fstrong%3E%3B%20%2F%2F%20%E4%BB%AE%E6%83%B3%E7%9A%84%E3%81%AA%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%AE%E3%83%91%E3%82%B9%0A%20%20%20%20ga('send'%2C%20'pageview'%2C%20%3Cstrong%3EvirtualPath%3C%2Fstrong%3E)%3B%0A%7D)%3B%0A%3C%2Fscript%3E" data-mce-resize="false" data-mce-placeholder="1" class="mce-object" width="20" height="20" alt="&lt;script&gt;" title="&lt;script&gt;" />

クリック操作などのイベントを測定する

ページビュー以外にもユーザがボタンをクリックした際、ファイルをダウンロードした際等にその行動を記録することができます。

設定例 :イベント トラッキング

<img src="data:image/gif;base64,R0lGODlhAQABAIAAAAAAAP///yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7" data-wp-preserve="%3Cscript%3E%0A%24(document).on('click'%2C%20'input%5Btype%3Dsubmit%5D'%2C%20function()%20%7B%0A%20%20%20%20ga('send'%2C%20'event'%2C%20'button'%2C%20'click'%2C%20'test%20label'%2C%201)%3B%0A%7D)%3B%0A%3C%2Fscript%3E" data-mce-resize="false" data-mce-placeholder="1" class="mce-object" width="20" height="20" alt="&lt;script&gt;" title="&lt;script&gt;" />

3.レポートの確認

トラッカーの設定が完了し、実際にWebサイトにアクセスすると、画面遷移やボタン操作を行う度にGoogleAnalytics上にどんどんアクセスログが蓄積されていきます。

実際にGoogle Analyticsの管理画面からレポートを確認すると以下のような情報を確認することができます。

■ページビュー レポート
下記のレポート例では、訪問者のアクセス頻度やアクセスページの割合等を確認することができます。

■イベント レポート
下記のレポート例では、イベント トラッキングで設定したカテゴリ毎のアクセス頻度等を確認することができます。

■他にも
ここで挙げたレポート以外にも基本的なアクセス情報として以下のものを確認することができます。

    ・訪問者数
    ・閲覧ページ数
    ・滞在時間・訪問回数・訪問頻度
    ・訪問者のサイト内移動経路
    ・訪問者の最初に開いたページ、最後に開いたページ

おわりに

Google Analyticsが提供するトラッキングからレポートによるアクセス解析を行うまでが意外と簡単に組み込むことができることがお解かり頂けたでしょうか。

とりあえず発行された基本トラッキングコードを入れていただけという方も、これを機に少し進んだアクセス解析をしてみてはいかがでしょうか?