こんにちは。

SI部の安井です。

今回はSQL ServerのReporting Servicesについて紹介します。

Reporting Servicesとは

Reporting Servicesとはデータベースに蓄積されたレコードを、
表やグラフで表示するレポートを作成するツールです。

作成したツールはWebで公開することもできます。

では、さっそくどういったものか見ていただきましょう。

レポート作成

データベースに下のようなデータが保持されていたとします。
このデータを使って、レポートに表形式のデータを表示したいと思います。
(今回はReporting Servicesの紹介のため、導入方法は次回紹介させていただきます。)

2015-08-23_160849

まずは、Visual Studioより新規レポートプロジェクトを作成し、
レポートファイルを作成します。

2015-08-23_163329

次に、ツールボックスより表を選択し、レポートに貼り付けます。

2015-08-23_163449

今度はデータ取得用のクエリを定義します。
レポートデータのデータセットで右クリックし、データセットの追加を選択します。

2015-08-23_164112
2015-08-23_164222

データベースの接続設定

まずは、データを取得するために、データベースとの接続設定を行います。
データセットのプロパティより、「レポートに埋め込まれたデータセットを使用します。」を選択します。

2015-08-23_164334

データソースの新規ボタンをクリックすると、
データソースのプロパティ画面が開きます。

2015-08-23_164432

接続文字列の編集ボタンをクリックすると、
接続のプロパティ画面が開きます。

2015-08-23_164515

接続のプロパティより、データベース接続に必要な値を設定します。
接続方法は環境ごとに異なりますので、設定内容については省略します。

2015-08-23_164816

設定が完了したら、OKボタンをクリックし、
データソースのプロパティに戻ります。

2015-08-23_164927

接続文字列に値が入力されているのを確認したら、
OKボタンをクリックし、データセットのプロパティに戻ります。

2015-08-23_165041

これでデータベースとの接続設定が無事完了しました。

データの取得設定

それでは、表に表示するデータの取得設定を行います。

クエリ欄にデータ取得用SQLクエリを設定します。
ここでは全てのレコードを取得するクエリにしましょう。

2015-08-23_165557

OKボタンをクリックしたら、データ取得の準備が完了です。

元の画面に戻ると、先ほど作成したデータセットに、
SQLクエリで取得する項目が自動で設定されます。

2015-08-23_165654

これを使って表を作りたいと思います。

表とデータの連携

まずは、表のいずれかのセルを選択、
左上に出てくる四角い枠を右クリックし、
Tablixのプロパティを選択します。

2015-08-23_170149
2015-08-23_170217

プロパティのデータセット名に、先ほど作成したデータセットを指定し、
OKボタンをクリックします。

2015-08-23_182812

これで表とデータの連携が完了しました。

あとは各セルに表示したい内容を設定するだけです。

データ部の任意のセルにマウスカーソルを合わせ、
右上に表示される画像をクリックします。

2015-08-23_170700

表示されたリストから、表示したい項目を選択します。
選択した項目が、表示内容として自動的に設定されます。

2015-08-23_170859
2015-08-23_183110

それでは、全てに同様の設定を行います。

2015-08-23_171307

これでレポートが完成です。

では、実際にどのように表示されるか見てみましょう。
レポート上部のプレビューボタンをクリックすると、
下のような表が表示されます。

2015-08-23_172022

クエリひとつで簡単な表が作成できました。

また、Web上に配置するとブラウザから見ることもできます。
Webに配置すればいろいろな人が参照できるようになります。

2015-08-23_172211

ほとんどマウス操作ばかりで、簡単に表が出来てしまいました。
データベースさえあれば、簡単に表が作れますね。

そのほかの機能

先ほどは表について紹介しましたが、
他にもいろいろな機能があります。

【マトリックス】
マトリックスという機能を使うと、
行や列ごとにグループ分けして表示することが出来ます。

下の図は、行のグループに[担当者]・[工程]を設定、
列のグループに[作業日]を設定して表示しています。
WBSの管理などで使えそうですね。

2015-08-23_174545

【グラフ】
表以外にもグラフで表示することが出来ます。
下の図は、作業日ごとの各工程の時間を表す棒グラフと折れ線グラフです。

2015-08-23_174552
2015-08-23_183408

他にも円グラフや散布図などもあります。
どれも視覚的に見やすくなりますね。

まとめ

Reporing Servicesを使うと、簡単に資料などが作れます。
皆様も現場でSQL Serverを使用していたら、
ぜひ使ってみてください。