プロジェクトの初期設定

ブランクプロジェクトをインポートした後に、いくつかやることがあります。せっかちな方でも、”必ずやること”の4点は行って下さい。

必ずやること

  1. プロジェクト名の変更
  2. ルートパッケージの指定
  3. 注釈処理の設定
  4. 実行ライブラリの更新

やっておくとよいこと

  • アプリケーションIDの指定

必要に応じてやること

  • ローカルDBの初期化
  • セッションを使う場合の指定
  • SSLを使う場合の指定
  • Slim3のHOT reloadingの無効化

必ずやること

1.プロジェクト名の変更

プロジェクトの上で右クリック “Refactor > Rename” をクリックします。

blankpj_refactor_click

“New name”に好きなプロジェクト名を入力しOKボタンをクリックします。(下のイメージは「hello-slim3」というプロジェクト名に変更した場合)

blankpj_rename_jpj

プロジェクト名が変更されました。

blankpj_renamed

これでプロジェクト名の変更は完了です。

2.ルートパッケージの指定

war/WEB-INF/web.xmlを開きます。

root_pckg_webxml_opn

slim3.rootPackageの値を好きなルートパッケージに変更して保存します。(以下のイメージは”jp.co.seattleconsulting”に変更した場合)

root_pckg_rename

これでルートパッケージの指定は完了です。

3.注釈処理の設定

プロジェクトの上で右クリック “Properties” をクリックします。

apt_setting_props_click

“Java Compiler > Annotation Processing” の “Generated source directory” を “src” に変更します。

apt_setting_gen_src_dir

“Java Compiler > Annotation Processing > Factory Path” の “Add JARs”をクリックします。

apt_setting_add_jar

libディレクトリにある”slim3-gen-x.x.x.jar”を選択してOKボタンを押下します。

apt_setting_select_jar

選択した注釈処理を有効化するためにOKボタンを押下します。

apt_setting_jar_added

注釈処理が変更されたため、再ビルドするか聞かれたらOKを押下します。

apt_setting_changed

これで注釈処理の設定は完了です。

4.実行ライブラリの更新

slim3-blankをインポートした直後は、アプリケーション実行時のライブラリが古いことがあります。以下のライブラリを確認して下さい。

war\WEB-INF\lib

exec_jar_check

上のイメージのように、ビルドパスのApp Engine SDK のバージョンは”1.3.7″なのに対し、アプリケーション実行時のappengine-api-….jarのバージョンが”1.3.5″となっています。このような場合は、以下の手順でライブラリを更新して下さい。

ツールバーの”Window > Preferences”をクリックします。

exec_jar_preferences

“Google > App Engine” の “SDKs” の一覧から最新VersionのSDKにチェックをしOKボタンを押下します。

以下のイメージのように最初からチェック状態であったとしても、一覧をクリックした後でOKボタンを押すことで、ワークスペース内のGAEアプリケーションの実行ライブラリがリフレッシュされます。(この挙動は今後変わる可能性はありますが…)

exec_jar_list_click

実行ライブラリが更新されていれば成功です。

exec_jar_refreshed

やっておくとよいこと

アプリケーションIDの指定

アプリケーションID(以降アプリIDと表記)は、プロダクション環境(本番環境)にデプロイする際に必ず指定します。既にアプリIDを取得済みの場合、開発に入る前に指定しておくと良いでしょう。

なぜなら、開発環境でローカルDBに保存されるデータは全てこのアプリIDに紐付いているので、途中でアプリIDを変更すると、それまで保存していたデータが参照できなくなってしまうためです。

プロジェクトの上で右クリック “Google > App Engine Settings” をクリックします。

appid_setting_click

“Deployment”の”Application ID”に、取得したアプリIDを指定してOKボタンを押下する。(以下のイメージは”http://hello-slim3.appspot.com/”のアプリIDを指定した場合)

appid_setting_input

この操作は、appengine-web.xmlのapplication要素の指定をしているのと同じことです。

appid_setting_webxml_edit

以上でアプリIDの指定は完了です。

必要に応じてやること

ローカルDBの初期化

開発環境のデータストアの情報は以下のファイルに保存されています。

war\WEB-INF\appengine-generated\local_db.bin
localdb

local_db.binは無ければ自動作成されるので、これを削除することで開発環境のデータストアを初期化することができます。

セッションを使う場合の指定

アプリケーションでセッションを使う場合、appengine-web.xmlの修正が必要です。

war/WEB-INF/appengine-web.xmlの sessions-enabled 要素の値を true に変更して保存します。

session_enable

これでセッションが使えるようになります。

SSLを使う場合の指定

アプリケーションでSSLを使うためにはappengine-web.xmlの修正が必要です。

war/WEB-INF/appengine-web.xmlの ssl-enabled 要素を追加して保存します。

ssl_enable

これでSSLが使えるようになります。

また、SSLを使う場合 AppengineのSSLの定義方法 についても一読しておくことをオススメします。

Slim3のHOT reloadingの無効化

Slim3のHOT reloadingを無効化するにはappengine-web.xmlの修正が必要です。

war/WEB-INF/appengine-web.xmlのsystem-properties要素の”slim3.hotReloading”パラメータの値を”false”に変更して保存します。

hotreload_disabled

これでHOT Reloadingが無効化されます。

Slim3&GAE/J入門編(第1回)はこちら

Slim3&GAE/J入門 目次はこちら