皆さま、こんにちは!
キャスレーコンサルティングで広報を担当している、CSV企画部の須賀です。

恵比寿駅からキャスレーがあるガーデンプレイスまで歩いていると
じんわりと汗をかくようになり、
仕事後には、ビールがさらに美味しく感じる季節になりました!

キャスレーでは、毎年夏前にキリンビール様を講師としてお招きし、
正しくお酒と付き合うための研修として「適正飲酒講座」を社内で開催しています!

その様子をレポートさせていただきます♪

適正飲酒講座とは?

適正飲酒講座は、下記の目的を達成するために新入社員を中心に毎年開催しています。

・お酒に酔うメカニズムや、パッチテストを用いて適正な飲酒を理解することで、
 飲酒を起因とした事故抑制に繋げる
・酒席のマナーを学ぶことで、
 プロジェクトのキックオフなどでお客様との時間の質を高める
・適正な飲酒を学ぶことで、アルコールハラスメントを防止する
・お酒の知識により、人生をより豊かにする

キリン様について

 Webサイト:http://www.kirin.co.jp/csv/

キリン様は、日本でいち早く「CSV(Creating Shared Value)」の部署を立ち上げるなど、
社会的な価値に注目をしている企業としても有名です。

「健康」、「地域社会」、「環境」の軸から社会課題を解決するビジネスに取り組んでおり、
適正飲酒講座のような取組は「お酒と健康」というカテゴリの活動になります。

「商品が売れれば、消費者の健康なんか知らないよ!」
ではなく、

「消費者の健康が損なわれると、結果的に商品も売れなくなる」

すなわち、「消費者が健康を維持するための啓発活動・商品開発も重要である」
という、“自社から社会”ではなく“社会から自社”の観点をビジネスに取り入れた
CSVカンパニーです。

そんなキリン様とは、
2013年に開催した「ICT for Social Design Workshop」をきっかけに、
適正飲酒講座の開催や、CSVセミナーを開催頂いております。

いつも本当にありがとうございます!!m(_ _)m

どんな講座なの?

適正飲酒講座は、まずはパッチテストで“自分の体質”を知ることから始まります。

ドキドキ。。。。

自分では「お酒を飲める!」と思っていた人でも、
「飲めない」という判定が出ることもあるそうです。

ちなみに私は、「飲める」でした!安心しました。(笑)

ここからは、お酒に関する学びの時間です!

「適正ではない飲酒をすると、どうなるか?」を分かりやすく解説していただけるので、
自分自身も気をつけようと改めて感じました。
また、他人に対しての気遣いも大切であると再認識できました。

次は、酒席のマナー講座です。
上座・下座、お店の選び方など基本的なことから、
お座敷のあるお店を選んだ場合の気遣いなどの酒席のマナーまで、
改めて学ぶことができます。

最後はビールの3度注ぎです。
よりビールを美味しく飲むために、3度に分けて注ぐスキルを全員で体得します!

できあがり!!
ぷはー!!美味しい!!ご馳走様でした~!!

さいごに

今回のような活動を通じて、ステークホルダーに直接「適正飲酒」を啓蒙し、
素晴らしい学びを与えて頂けるキリン様に感謝しております。

キリン様のご支援のお陰で、
「アルコールを起因とするセキュリティ事故を起こさないようにしよう」という心構えや、
酒席でのマナーやハラスメントを起こさないための正しい知識を付けることができました。

今後も、IT企業で働く一人の社会人として、
今後もセキュリティ事故を起こすことの無いように意識してまいりたいと思います。