こんにちは!経営企画部の黒澤です!

今回は先週の土曜日に行われた、CSV(共益価値創造)の研究ワークショップ「ICT for Socail Design Project」についてお話します。

第一回に引き続き、ビジネスリサーチラボと共同開催。そして今回も東京大学大学院の安斎氏をファシリテーターとしてお迎えしました。

さらに、ゲストスピーカーとして株式会社日立ソリューションズのCSR推進部長である増田様と、株式会社グランマの共同創業者である山本様という豪華なお二人にお越し頂き、第二回、「ICT for Socail Design Project」は始まります!

と言いたいところですが、チーム・キャスレーはその前に少しCSVについてのおさらい勉強会!

s-IMG_4313

社長の砂川のトークにみなさん爆笑です(笑)

チーム・キャスレーの士気も上がったところで、ついにワークショップの始まり!

まずは4つのグループに分かれます。

ちなみに、今回は各グループに1人ずつSIBP(http://sibp.net/)というBOPビジネスを専門とする学生団体の方々にも参加して頂きました。

みなさんフレッシュでモチベーションも高く、キャスレー社員も良い刺激を受けたことでしょう。

さて、

グループに分かれたところで、早速自己紹介です。

自己紹介は、今回のワークショップの宿題であった、

「CSV」に関して抱く印象やイメージを、キーワードで、3つ考えてきてください。

この宿題に対する、自分なりの考えを発表しながら行いました!

DSC_0123

グループ内の人たちの答えは本当にバラバラで、

「なるほど。」

「こういう考えからもあるのか。」

といった声が飛び交う、とても良い場となりました。

そのあとにはゲストスピーカーの方々のショートプレゼン!

やはりその道のプロの話は一味違いますね。チーム・キャスレー一同真剣な眼差しで聞いていました。

その中でも私が気になったのは、

「豆乳CSR」

豆乳CSRとは、

「うちの会社は体に良い豆乳を作って利益を上げている。つまり、社会的価値と経済的価値の創出だ。」

といった、ただ単に現状を肯定するような状態のことです。

本当のCSVとは、そうではなく、プロセスの問題をしっかり忘れないことが大事。とても勉強になります。

そして、なにより、このネーミングセンスが素晴らしい。このスーッと頭に入ってくる感じが本当に素晴らしい。

ゲストスピーカーの方々の質疑応答も終わり、ついに本日のメインテーマへ。

今回のテーマは、

キャスレーの企業理念(https://www.casleyconsulting.co.jp/about_casley/vision/)を

「社会」「価値」

という2つの言葉を“用いずに”書き換えるというものです。

これがなかなか難しい。

まずは個人で考えます。

特に、「社会」の使用禁止がとても難しいんですよね。

CSVについて、まだまだ考える余地がある。ということを全員が再認識した良い時間だったと思います。

さて、

個人ワークが終わったら、ついにグループワーク!!

グループワークでは全員の考えを掛け合わせて、

キャスレーの企業理念の3つの軸

について考えていきました。

もちろん全員本気!この3つだけは外せない!!

さらに真剣な眼差しで、考えを共有し、一気に詰めていきます。

DSC_0120

ポストイットはもちろん大活躍!

考えに考え抜き、各グループ答えが出たところで、グループワーク終了!!

最後には各グループで発表が行われました。

正直に言うと、

「絶対にうちのグループが一番だろ!」

って思ってました。(笑)

しかし、ふたをあけてびっくり!

これまた、グループによって考えが全く異なり、各グループ素晴らしい結論が飛び交いました。

少し悔しかったですが、どのグループも素晴らしい結論であり、新たな気づきに溢れる本当に良い時間でした。

ここで各グループが作り上げた企業理念や軸は、今後キャスレーの企業理念に反映される可能性も大いにあります!

みなさん期待しましょう!

最後にはみんなで記念写真!

このみなさんの笑顔がこのワークショップの大成功を物語っています。

DSC_0156

みなさん、本当に良い時間を有難うございました!

今度は僕も写真に映れるといいな!!!(笑)