こんにちは!経営企画部の黒澤です。

以前、キャスレー社内に冷蔵庫が来たことをチーム・キャスレーブログにて、紹介しました。

https://www.casleyconsulting.co.jp/blog-recruit/?p=240

あれから数か月…また新たな仲間がキャスレー社にやってきました。

業界最先端のサーバーです。

【外形寸法】
(幅)305mm×(奥)350mm×(高)990mm

【重量】
約16㎏

【消費電力】
冷水:73W、温水:450W

【容量】
冷水:2.3L、温水:2.0L

【電気代】
平均1,000円/月(月4本位使用の場合の目安。使用状況により異なります。)

【メンテナンス】
サーバー洗浄(年1回、専門スタッフによるイヤーメンテナンスを実施。)

そうです。サーバーはサーバーでもウォーターサーバー。(笑)

「次はビールサーバーを!」

という声も社内から上がっています。※もちろん冗談です

さて、この度ウォーターサーバーを導入したのには理由があります。

実はCSVの観点からなのです。
※CSVについてはこちらを参考にしてください!

・CSVについて ~いろはす~ 前編
https://www.casleyconsulting.co.jp/blog/ceo/302/
・CSVについて ~いろはす~ 後編
https://www.casleyconsulting.co.jp/blog/ceo/303/

従来、キャスレーでは本社にお越しいただいたお客様に、ペットボトルに入ったお茶をグラスに移して提供していました。

今回、それをキャスレーオリジナル紙コップにクリクラの水を入れるという運用に変更したのです。

「紙コップにしたら、余計環境に悪いのでは?」

そう考える人も少なくないのではないでしょうか。

実はこれは間違いなのです。

なぜなら、グラスを用いると、給湯室に行って「洗う」というプロセスが生じるからです。

この工数にかかる人件費を計算したところ、紙コップで運用した方が、コストが半分以下になることが判明しました。

さらに、紙コップは再生紙を使用。そして洗剤を使う必要もなくなります。

時間とお金を節約しながら環境にも優しい。

そしてオリジナル紙コップを用いて企業としてのブランディングを図ることもできます。

これがキャスレーの考えた「お茶出しCSV」なのです。

もちろん、社内のメンバーも自由に飲むことが可能です!

IMG_4784

社内のエンジニアも大満足の様子。

今までは社内メンバーはコンビニや社内の自動販売機で飲み物を買っていたので、節約にもなります。

キャスレーでは、社会価値を創出すると同時に、社員に幸せになってもらえるような取り組みを今後も続けていきます。

次回は何がキャスレ―社へやってくるのか、今から非常に楽しみです!

なお、サーバーの製造元である株式会社ナックは環境保護等にも力を入れています。

お時間ある方はこちらも読んでみてください!

~株式会社ナック エコへの取り組み~
http://www.crecla.jp/about/eco.html

それでは、次回のブログもお楽しみに!