こんにちは。
『CSV Light』オーナーの前田です。

以前にもblogで紹介させて頂きましたが、社内には『CSV Light』というタスクチームがあります。
「ボトムアップでCSVを実現しよう!!」という頼もしい有志達が集まるタスクチームです。
主な活動内容は、社内でCSVに関する事例を勉強・研究を行っていたり、CSVを社内へ浸透させようと活動しています。
最近では、被災地支援を行うNPO法人と協働してICTを利用した新しいサービスを開発していたり、
社会課題を解決するためにコツコツ活動しています。

そんな『CSV Light』ですが、先日、日本のCSVリーディングカンパニーであるキリン様をお招きして
『CSVセミナー』を開催して頂きました。5月には適正飲酒講座も開催して頂き、いつもとても良くして頂いています。

それでは、今日は『CSVセミナー』の様子を皆さまにお伝えさせて頂きます。

IMG_3134

当日はキリン株式会社CSV本部より大北様、脇坂様、キリンビールマーケティング株式会社より
早坂様という豪華すぎるプレゼンテーターの方々に取り仕切って頂きました。

IMG_3119

セミナー内容は、キリン様がCSVを目指すまでの経緯から始まりまで、
キリン様が考えるCSV=何を重要な課題として捉えているか、
など企業としてCSVとどう向き合い取り組んでいるかを説明して頂きました。
考え方だけではなく、実際にキリン様が取り組んでいらっしゃる事例を交えての講義は非常に分かりやすく、
なおかつ身近に感じることができるものでした。

『氷結を通じた福島の農業支援』は有名ですのでご存じの方も多いかもしれませんが、まさにCSVの事例だと思いました。
震災後の農業復興のため、福島産の和梨を使用した氷結を生産・販売することで、本業を通じて収益を上げながら、
農業の復興支援を実現させるというShared Valueを創出した事例だったと思います。
IMG_3136

他にも、遊休農地を有効活用したヴィンヤードやスリランカ紅茶生産者支援、絆プロジェクトなど、
どれも素晴らしい取り組みでした。

講義の最後に、KIRIN様が目指しているGOALの一つに
「CSVが全社・全部門で日常業務の判断や行動の基準になり、日々の意思決定に応用されるようになる」
というものがあり、非常に感心させられました。

CSVを実現していくことも大事ですが、
社員一人ひとりが社会にValueを生み出せるような意思決定ができる
そんな持続可能な組織を築いていくことも、本当に大事だなと感じました。
これはキャスレーも目指すべき姿ですね。

予定の時間をオーバーしても、弊社からの質問に快くご回答頂いたり、
素晴らしいセミナーを開催して頂いた大北様、脇坂様、早坂様、
本当にありがとうございました!!!!

IMG_3124

今後も社会課題を解決しようとする企業の方々は勿論ですが、
様々な社会課題に対峙するソーシャルセクターの方々とも勉強会やワークショップなどを通じて勉強していく予定です。
登壇者の方もwelcomeですm(_ _)m

また、ご紹介させて頂けばと思います。

それでは!!