こんばんは、前田です。

今年も残すところ、僅かですね。
そして今日はクリスマスですねー!!
クリスマス過ぎたら、もう年の瀬!?
毎年思いますが、1年あっという間ですね!!

ちょうど良い機会なので、1年間を振り返ってみました。
一つ印象に残っている出来事があるので、ご紹介しますね。

とある日、こんなメールが届きました。
『前田さん 中学生から、学校の授業の一環でCSVについて質問したいという電話がありました。
お願いできますでしょうか…?』

中学生でCSVについて考えているなんて、凄い時代になったものだ!!
と感動しつつ、一方でハイレベルな思考の中学生にビビりながらも、もちろん快諾!!笑

インタビューされる側なんて経験があまりないので、CSVについて復習とかしながら
ついに当日・・・

IMG_2291 (1)

足を運んでくれたのは、都内の中学校に通う中学3年生の男子学生。
中学2年生から環境経営を学び、3年生からCSRやCSVを学んでいるようです。
す、凄い・・・
「『CSV』で検索したら出てきたのでインタビューを申し込みました」と、
非常に嬉しい経緯から始まったインタビューでした。

インタビュー自体は、CSRとCSVの違いを事例など交えて説明したり、
キャスレーコンサルティングの設立した経緯や、事業の内容、
CSVに対する考え方など伝えさせて頂きながら無事に進行していきました。

その中でも、とても印象に残った質問がありました。

『大企業はCSVに取り組みやすいと思うのですが、中小企業でもCSVに取り組めますか?』

もちろん、「はい」と答えました。
企業の大小や、ローカル・グローバル関係なく、社会課題と経済価値は両立できると考えています。既に実践されている企業も少なくないです。

それと同時に、僕たちももっと頑張ろう!!と、思いました。
中小企業として、ICT企業として、キャスレーコンサルティングとして2016年は何をするのか!?
年の終わりに、そんなことを考えていた時にふと思い出した出来事でした。
ブログ用