皆様、初めまして。
キャスレーコンサルティングのSI部(システムインテグレーション部)畠中です。
10月の新卒ブログを担当させていただきます。
あまり文章を書くのは得意ではないので、拙い内容かとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

今回は弊社の研修制度であるCasley Universityについて書いていきたいと思います。

まずはCasley Universityの大まかな区分についてご説明します。

1.社内研修…Java、SQLの基礎力、CSV/CSR基礎講座、英会話など

2.社外研修
■Biz CAMPUS…150種類以上のビジネス研修

■SEカレッジ…SE向けのIT専門研修(WEBアプリ、プログラミング研修など)

上記のように、Casley Universityは大きく分けて2つの区分、合計で3つの研修から成り立っています。
それぞれの内容について触れていきましょう。

まずは社内研修から。

基礎的スキル~社内開発における応用スキルまで10以上の講座が用意されています。
その他、外部講師を招いたり、技術系イベントに参加したエンジニアによるフィードバックなど、特別講座も複数開催されます。
時期を分けて年25回以上開催される計画となっています。

知識として受講した内容を身に付けることが出来るということはもちろんのこと、
他の社員の方と会う機会が出来るというメリットもあると思います。
SI部はお客様先で業務をすることが多く、仲間の社員と交流できる時間は貴重です。
実際に自分が「Java基礎力」を受講した際も、同期の仲間と話す良い機会になったように感じます。

IMG_1015

次にBiz CAMPUSについて

新入社員から経営層まで各階層の実務やニーズに合わせた学習テーマが150種類以上ある外部研修です。
専門性、実務性の高い、基本から応用レベルまでの幅広いセミナーを提供してくれます。
その他著名な経営者の講演会や、他企業とのコラボレーションによるセミナーとして高度なマインドセット講座、ビジネス英会話なども拡充しています。
受講スタイルもバラエティに富み、他社社員とのワークショップ、講師と双方向のディスカッションを重視した少人数制講座、事前・事後に課題を課すセミナーがあります。

上長から承認がもらうことができれば何度受講しても良いので、私も「タイムマネジメント」というセミナーを受けに行って来ました。
セミナーの中で時間から逆算して業務を進めていくということを教わったので、やらなければならない事を朝、職場に着いた時点で細かくまとめ大まかな時間を割り振り、
細かく分けたタスクが完了した時点、休憩前、定時前で進捗状況を確認、予定を修正することで先が見えず、いつ終わるかわからないと焦ることが少なくなりました。
また、普段業務をこなしている時間に受けに行く事もあり、時間を無駄に出来ないという気持ちが強く働き集中してセミナーに臨めたように感じられました。

最後にSEカレッジ について
IT専門のカリキュラムが組まれており、若手からプロジェクトリーダー、マネージャー、スペシャリストまで幅広く受講できるよう、主要8分野(プログラミング技術、データベース技術等)をラインナップし、それぞれの分野の最新技術まで展開しています。

まだSEカレッジは受講したことが無いですが、レベルに合わせたエンジニア向けの講座が受けられるのは魅力的ですね。
自分のレベルに合った講座を受けてスキル向上を目指していきたいものです。

キャスレーコンサルティングでは、このように業務以外でも社会人、エンジニアとして成長する機会が得られる環境が整っているので、頑張っていこうというモチベーションにも繋がるのではないかと感じています。
私も様々な研修を受けてスキルアップしてきたいです!