皆さん、こんにちは。
キャスレーコンサルティングの前田です。

今回は、0才(7ヶ月)からプログラミングを体験できる「KUMIITA(クミータ)」を使って
チーム・キャスレーのエンジニアたちがワイワイ遊んだ様子をご紹介いたします!

「KUMIITA(クミータ)」って、なんだろう??

KUMIITA(クミータ)は、パズルのような構成でパネルの並べ方や、組み合わせで
自由にコースを作ってクミータ本体をゴールに導く遊びです。

スタートからゴールまでたどり着くには、プログラミングするように順位だてて
パネルを並べる必要があり、プログラミングのロジック・思考力を育てていきます。

詳しくは→KUMIITA公式サイト(https://kumiita.com/)

キャスレーにやってきた理由

0才(7ヶ月)からのプログラミング!!!

実は、このフレーズだけでキャスレーのエンジニアはメロメロでした!笑

さらに、「Hoisys(ホイシス)」という保育園向けの業務支援システムを開発していて
「子ども」、「教育」というキーワードへの関心が高く、
エンジニアの知的好奇心に火が付き、さっそく遊んでみることにしました!

「クミータ」で、さっそく遊んでみた♪♪

6月某日、本社:恵比寿ガーデンプレイス31Fのセミナールーム。
集まったのは、システム・エンジニアが4名と「Hoisys(ホイシス)」の営業4名。


まずは、箱からクミータを取りだしてご対面!!

クミータのスイッチを入れると、子ども達の声で「くみ~た!!」って言います!
かわいい!!!


30種類のパネル40枚と見て、ワイワイガヤガヤ!!!

「このパネルなんだろう?」
「えっ、にわとりだから、コケコッコーって言うんじゃない!?」
クミータを動かす前から楽しみすぎ!笑


とりあえず、並べてみようよ…ワイワイガヤガヤ!

スタートパネルにクミータを載せると…
えっ、すごい!!!動いてる!!!!

ロボットって、動くと感動するんですね!


「クミータが落ちちゃうから、パネル足して!!!」

みんなで、せっせとパネルを足します。
パネルをクミータが通るたび、クミータは音を鳴らしたり・回転したり
パネルの種類よって違った動きをするので、ただ動いているだけでも結構楽しい。


おー、いいねいいね!動いてる、動いてる!!

この時点で、遊び始めてから10分くらい!!!!

この、とっつきやすさすごい!!!

ぼうけんキット

プログラミングに必要な、ロジカルな思考力を身に付けられるよう
「ぼうけんキット」というものがあります。

キットには、「クミータのぼうけん」という問題集と「ぼうけんシート」があります。
ぼうけんシートに、問題を再現して、手を動かしながら考えていきます。

実際に挑戦した“ぼうけん”です。

音がなるパネルを、ドレミファ~の順番にクミータが通れるよう
うまくパネルを組み合わせていきます。


「エンジニアなら、こんなの余裕だよね!?」の図です!笑

条件分岐など、「う~ん」と頭をひねるシーンもあったり
「ああしたら、どうなるだろう?」
「こうしたら、どうなるだろう??」
大人でも夢中になって、時間を忘れてしまうほど楽しかったです!

楽しみながら、「想像力」や「思考力」を掻き立てられる良い時間でした!
これは、子どもだけではなく、大人も楽しめるので一緒に遊べそうです!!

クミータに遊んでもらって

パネルをつなげて、クミータと散歩するもよし
ぼうけんキットを使って、一緒に冒険するもよし
年齢などに応じて、色々な遊び方ができるツールだと思いました!

今後は、子ども達とも一緒に遊んでみたり
保育園・幼稚園、企業とのコラボレーションなど考えています。

興味のある方がいらっしゃれば、気軽に下記からお問い合わせください!
ご相談(https://www.casleyconsulting.co.jp/contact/)

(※正規販売代理店ですので、購入希望の方への販売も可能です)