皆さん、こんにちは!
2019年度新卒の加納です。
現在、エンジニアとしてお客様先で基幹系システムの開発に携わっています。

10/27に行われた「エビスハロウィンパレード2019」に
今年も弊社キャスレーコンサルティングは参加させて頂きました。
その活動の様子をお伝えしていきたいと思います!

過去の様子はこちらからご覧ください。

エビスハロウィンパレードとは?

地元の「恵比寿新聞」さんと、「加計塚小学校おやじの会」が共同で主催となって、
ハロウィンの仮装をしたおよそ150人の子供たちが恵比寿の街をパレードする
というイベントになります。

そもそもの始まりは2014年に「加計塚小学校おやじの会」さんが、
恵比寿には、住民が誰でも参加できる子供のためのハロウィンイベントがない
ということに気付いたことから始まったイベントとなります。

また、昨年も今年も隣の渋谷ハロウィンが悪い意味で大きく紹介されてしまいました。

仮装するところまでは問題ないのですが、お酒を飲んで騒いで周囲に迷惑を掛けるなど、
大の大人とは思えない非常識な行動に、厳しい目が向けられ、
ハロウィンに対して悪いイメージを、世間一般の人々に抱かせてしまいました(>_<)

エビスハロウィンパレードは、そんな悪いイメージを取り除き、
子供たちに安全にハロウィンを楽しんでもらいたいという思いが伝わる
温かい雰囲気のイベントとなっています(^o^)

本来のハロウィンは、子ども達は家を訪ねますが
本イベントは恵比寿にある企業やお店を巡り、「Trick or Treat?(トリックオアトリート)」と声をかけ、
お菓子などを貰っていく形になります。

私たちキャスレーコンサルティングは、「Trick or Treat?(トリックオアトリート)」と
声をかけてくれた子供たちに、お菓子を渡す役をこなしました!

「おかし屋ぱれっと」さんのクッキー

また、今年も「おかし屋ぱれっと」さんのクッキーを子供たちに配りました!


おかし屋ぱれっと」さんは、恵比寿にある知的障がいを抱える方たちの
社会参加と自立ができるよう支援している団体になります。

また、弊社と以前から交流があり、
弊社セミナールームにてお菓子の販売をして頂いたこともあります!

詳しくはこちらをご覧ください。

イベント前の一準備…

子供たちにお菓子を渡しに行く前に、着替えもかねて本社オフィス内で準備をしました。

子供たちに渡す170袋のクッキーに、
「おかし屋ぱれっと」さんの紹介が書かれた紙を同封していきます。

おや?何やらかわいいロボットのステッカーがありますね…!
あのロボットの正体は、後ほど明らかになるかもしれません。

作業中は楽しく会話をしつつも、真剣な表情で進めています。

こうして、子供たちに会いに行く準備ができました!
あとはイベントの始まる時間を待ちます...

いよいよ本番!

さて、お菓子の準備も整ったところで、いよいよ本番です!
もちろん、私たちも子供たちに負けないクオリティの衣装を身にまとい会場に向かいます。

会場に到着し、子供たちと交流する前に記念撮影!

皆さん、とても個性的な衣装で素敵ですね!

会場には、すでにたくさんの子供たちの姿が…!

子供と触れ合うボランティアに数多く携わっていた私ですが、
こんなにもたくさんの子供たちと、一度に会う機会は中々ないので、少し緊張しました…。

ですが、本番が始まって子供たちがお菓子を貰いに来ると緊張感もなくなり、
楽しく触れ合うことができました!

そして、今年は「KUMIITA(クミータ)」も遊びに来てくれました!

「KUMIITA(クミータ)」とは?

0歳(7か月)からのプログラミング!」をモットーに掲げており、
プログラミングの概念を表現した「パネル」を使って、
クミータ本体をゴールまで導く知育玩具です。

スタートからゴールまでどのようにクミータを運んでいくかを考えるために、
色々とパネルを動かす必要があり、
プログラミングに必要なロジックや論理的思考力を育てるものです!

弊社社員が実際にクミータに触れたイベントが記事になっているので、
下記リンクからご覧ください!

0才(7ヶ月)からのプログラミング玩具「KUMIITA(クミータ)」で遊んでみた♪

また、キャスレーはクミータの販売代理店でもあります!
子ども達へのクリスマスプレゼントをお考えでしたら、弊社まで気軽にご連絡ください♪

可愛らしいプログラミング・ロボットに、子供たちは興味津々…。
あっという間に、クミータの周りには子供たちが集まっていました。

みんなで協力してパネルを入れ替えてみたり、
「これはどうすればいいの?」
と大人たちに質問したりする子供たちの姿が、とても印象的でした!

最後に

初めてこのイベントに参加しましたが、
子供たちの笑顔に触れることができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。

来年も、
子供たちに「楽しかった!」と思ってもらえるよう、頑張っていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

加納 匠馬
CSVIT事業部 IT(インテグレーション・テック)部 加納 匠馬
新卒1年目で、某広告代理店の受発注システムに関する案件に従事しています。休日は横浜でサンタクロースをやっています。