社員紹介

Interview

堀田 眞行 堀田 眞行
Interview01
堀田眞行さん
保育ICT代表取締役
CSVIT事業部

"子供に自慢できるような仕事がしたい"

キャスレーに転職した理由は何ですか?
ピンときたという感じです。インスピレーションかもしれないですね。代表の人柄、話し方や雰囲気。企業理念であるCSVにも惹かれました。
あと、子供が生まれた時期だったので「柔軟な働き方をしても問題ない」という点も重要でした。自分自身も”子供に自慢できるような仕事がしたい”と思っていたこともキャスレーに決めた理由の一つです。
キャスレーコンサルティングでは、どんなプロジェクトに参画していますか?
Hoisys(ホイシス)という保育所・幼稚園の業務効率化を行うシステムを開発しています。
「保育士さんを助けられないか」「保育士さんの時間をシステムでなんとか作り出せないか」という観点から、自分のエンジニアの力を活用しています。
どんなエンジニアですか?
言語はCOBOL、C言語、C++、C#、Perl、Ruby、PHP、Java、HTMLをある程度かじってきました。学生の時からC++はやっていたので、エンジニアの基礎は学生時代に身に付いていたと思います。
前職のエンジニアになって最初の現場は、某自動車メーカーの基幹システムをCOBOLで開発していました。もうCOBOLはイヤだなーって思って(笑)、大手システム・インテグレーターに移り、携帯電話の組み込み系の開発に携わっていました。次第にWeb系の開発にも興味を持ち、PHPやRubyのスキルを身につけていきました。
仕事のモチベーションは何ですか?
会社や、砂川さんがいろいろ任せてくれたり、お願いしますと振ってくれたり、自分を信用してくれているのが分かるので、「期待に応えなきゃいけないな!」と感じることで、がんばろうという気持ちになっています。
あと、会社で立てる目標とは別に、自分の目標を立てて取り組むとモチベーションも変わりますね。父親として家族を楽させたいというのと、子ども達には習い事とか、いっぱいさせてあげたいというのが目標です。
1日の仕事の流れ
朝の出勤後
メールの返信
日中~退勤まで
お客様打ち合わせ
サポート対応
開発 MTG
請求管理
定例 MTG
メールの返信など...盛りだくさんです。