社員紹介

Interview

鈴木 啓介 鈴木 啓介
Interview05
石井苑子さん
CSVIT事業部 チームリーダー

"誰もが働きやすい環境を作っていきたい"

どんなエンジニアですか?
現在は、本社にて法律事務所様向けの WEB アプリケーションの受託開発を行っております。

小規模なプロジェクトのリーダーとして、お客様のご要望のヒアリング、見積もり、開発、リリース、保守等全ての工程に携わっております。
最近では、コーディングよりもお客様との調整やメンバーのサポート等を行うことが多いです。

また、チームリーダーとしてメンバーの評価等も行っております。
仕事のモチベーションは何ですか?
お客様と直接お話する機会が多いため、ご要望を上回るご提案を喜んでいただいた時にとてもうれしく思います。
また、キャスレーに入社してから、目の前の仕事の先に困っている人がいて、その人たちを助けていることをイメージすることができるようになり、モチベーションが上がりました。

前職では後輩がいなかったこともあり、一緒に仕事をしているメンバーの成長を感じられることもモチベーションの一つです。
キャスレーに決めた理由は何ですか?
企業理念に共感したからです。

キャリアアップを考え転職活動をはじめた際に、転職フェアでキャスレーと出会いました。

その場で代表から話を聞くことができ、「IT で社会課題を解決したい」という思いに衝撃を受けました。
もちろん、エンジニア自体は世の中を豊かにする仕事だと思ってはいましたが、社会課題に IT でアプローチするという考えは持っていませんでした。

キャスレーに入社すれば、より多くの困っている方を幸せにしたいという気持ちと、この理念は将来絶対に社会にとって必要となることを確信したため、入社を決めました。
キャスレーの良いところはどこですか?
ボトムアップで課題解決できるところです。
入社年次問わず、社員の意見を大事にしており「もっと、よくできる」精神で様々な方が発言できる環境があります。

最近では、新たなキャスレーの事業方針を新卒も含むタスクチーム内で作成し、今後適用される予定となっております。
こんな会社、めったにないと思います。

社会課題を解決したい会社の従業員が、働きにくさを感じてはいけないと、従業員も大切にしてくれるところもキャスレーの良いところだと思います。
将来の夢やキャリアプランについて一言
今後は提案力を身につけ、新規の案件を獲得できるよう成長していきたいです。
併せて今よりも大きなプロジェクトを管理できるようマネジメント能力も高めていきたいと考えております。
また、女性が働きやすいことはもちろん、ダイバーシティ経営のためにも誰もが働きやすい環境を作るために活動して行きたいと思います。
1日の仕事の流れ
10:30
出社(フレックスタイムを利用し通勤ラッシュを避けています)
メールチェック・タスク整理
11:00
見積もり作業
13:00
昼休み
14:00
ソースレビュー
15:00
保守対応(仕様確認)
17:00
メンバーの進捗確認・開発フォロー
18:00
GLTL ミーティング
19:00
プロジェクト全体の残課題整理
19:30
帰宅