世界最高水準の画像鮮鋭化技術を搭載超高速の画像解析ソフトウェア
"Discovery V"

DiscoveryVシリーズとは・・・

弊社が完全に独自開発した画像鮮鋭化技術である「ハイパー・デコンボリューション法」をコアエンジンに搭載した画像鮮鋭化&解析ソフトウェアです。「δ関数的な空間分解能鮮鋭化」が数学的に証明された逆畳み込みフィルタにより、従来見えなかったような微細な画像データの抽出が可能。カラーマッピング・特徴量抽出等の機能でこれまでにない発見を可能にする新製品です。

DiscoveryV 日本語字幕

DiscoveryV English Ver.


ハイパー・デコンボリューション技術
人口知能・機械学習・認識系まで様々なニーズに対応

超高速リアルタイム処理

画像を見ながら静止画、動画の超高速解析が可能

4K/8Kセンサーに効果

低価格レンズ+高性能センサーによる画質劣化を軽減

製品に組み込める

従来のハードウェアを変更せずとも光学性能が向上

製品の資料請求・営業へのご相談

DiscoveryVシリーズで実現できる機能

①画像鮮鋭化

数学的なアルゴリズムによって元画像を鮮鋭化。
コントラストや点像から傷の有無を鮮明化したり、特徴量を目視で容易に抽出できます。

edge

エッジ鮮鋭化

元画像よりもエッジが明確になり、境界がより鮮鋭に解析できます。
※強調処理は一切行っていません。

contrast

コントラスト改善

元画像本来の明るさを回復することでコントラストを詳細に解析できます。

disassembly

分解能改善

元画像では1個なのか2個なのか判然としない状態でも、明確に2点を分離できます。


②画像解析ツール

元画像、鮮鋭化処理前の画像、処理後の画像の3枚を同時に比較しながらリアルタイム解析。
コントラストや点像から傷の有無を鮮明化したり、特徴量を目視で容易に抽出できます。

color-mapping

カラーマッピング機能

画像のヒストグラムに応じてカラーマッピングを行います。
鮮鋭化技術と組み合わせることで傷や塗膜の分布が明確になります。特に低コントラスト部分が明瞭化します。

flattening.png

平坦化機能

元画像のヒストグラムを平坦化します。鮮鋭化技術と組み合わせることで広域なダイナミックレンジを得られ、より詳細な表面観察が可能となります。

feature-point

特徴点抽出機能

閾値により対象画像の特徴点を明確化します。対象画像の粒子や傷のカウント等に高い効果を発揮します。

sharpening

鮮鋭化+
アンシャープマスク機能

鮮鋭化後にアンシャープマスクを入れることでノイズ・偽解像を除去した鮮明な画像が得られます。

代表的な活用事例・将来展開分野

2015年の技術発表より、大手企業・研究機関で多数の実証実験を積み重ねてきました。その結果、現在では多様な産業分野への応用が進んでいます。

医療 &バイオ分野

最新の4K・8K内視鏡に応用可能
創薬(再生医療)研究開発、細胞培養状態の検査やiPS/ES細胞の観察、蛍光タンパク質の観察などの精度最大化

将来展開
8K内視鏡や創薬(再生医療)研究におけるイノベーション、小胞体活動の観察、ナノバクテリア解析に応用可能

検査装置分野

製造装置本体の予防保全(画像診断)に活用可能
製品の外観検査や素材、部品研究開発、表面観察(塗膜、破断etc...)などの精度向上

将来展開
パターン認識/機械学習、新素材研究開発におけるイノベーション(液中のナノ粒子や凝集状況、溶剤中のナノ材料の凝固過程観察)に応用可能

AI(人工知能)& 認識系分野

自社の画像認識AIと組み合わせ可能
ディープラーニング技術への学習データや
AIを利用したソフトウェアの画像データへの活用

将来展開
製品ラインにおける傷のチェック、人工衛星画像解析
ドローン画像解析、産業用ロボットなどへ応用可能

製品の資料請求・営業へのご相談

DiscoveryVシリーズの特長・スペック

<従来の画像処理技術との比較>

新開発FIRフィルタによるハイパー・デコンボリューション技術。
リンギングノイズが出にくく高速な処理が可能。
従来の画像処理技術と比較してコントラスト回復・エッジ強調・点像復元効果が高く
トレードオフが少ないのが特長です。
4K/8K時代における、低性能レンズ+高性能センサーの組み合わせに高い効果を発揮します。

技術 画質 処理速度
コントラスト エッジ強調 点像復元 フィルタ処理 並列処理
弊社技術
ウィナーフィルター × ×
アンシャープマスク ×
RL法 × ×
<処理速度>

以下の表は処理速度の参考値です。
OS:Windows10、CPU:Intel Core i7-6700K 4.00GHz、MainMemory:32GB
デジタルカメラに接続したPCのOpenCV/GPU処理でも4K・60FPSを達成しています。

Wiener Filter Unsharp Mask 弊社技術 HD法
画像サイズ(pixel) 処理時間
[ms/frame]
処理速度
[px/sec]
処理時間
[ms/frame]
処理速度
[px/sec]
処理時間
[ms/frame]
処理速度
[px/sec]
VGA 640×480 1,045 294K 17 18.1M 2 154M
HD 1280×720 3,042 303K 96 9.6M 7 132M
FullHD 1920×1080 6,864 302K 112 18.5M 11 189M
4K 3840×2160 30,186 275K 470 17.6M 42 197M
8K 7680×4320 N/A N/A 2,092 15.9M 155 214M
<Discovery 動作環境>
対応OS・ブラウザ
Windows 7/8/10(64bit) CPU:Corei3以上 メモリ:8GB以上
Google Chrome, Microsoft Edge
入力画像フォーマット
Windows bitmaps (BMP, DIB) JPEG files (JPEG, JPG, JPE)
Portable Network Graphics (PNG) Portable image format (PBM, PGM, PPM) Sun rasters (SR, RAS)
TIFF files (TIFF, TIF)
入力画像サイズ上限
メインメモリサイズに依存
出力画像フォーマット
BMP, JPG, TIF
機能
画像鮮鋭化、カラーマッピング、平坦化特徴量の抽出、アンシャープマスク
オプション
マイナーバージョンアップ ( 無料 )
フレームバッファからラインバッファへの変更 ( 有料 )
特殊な画像フォーマットへの対応 ( 有料 )
静止画入力からカメラストリーミング入力への変更 ( 有料 )
特殊な関連ツール開発 ( 有料 )
レンズ PSF に応じたアルゴリズムの調整 ( 有料 )
価格・ライセンス
Discovery V 110万円 / ライセンス期間1年 ※ライセンス保守費10% / 年
Discovery AI 1MB / 1円~従量課金 もしくは 月額10万円~ ※初期費用別途
Discovery N 機器・ソフト構成に合わせて別途お見積り
<注意事項>

・弊社の画像鮮鋭化技術は光の回折によるボケを補正する技術です。
弊社技術は超解像技術ではないため、超解像技術による鮮鋭化には非対応となります。

・画像鮮鋭化処理は静止画 ( ファイル形式が TIFF/BMP 等の RAW データ推奨) 、
動画(撮影機器のインタフェースからストリームの RAW データを直接取得できること)に対応します。
JPG などの圧縮されたデータ、何らかの事前処理が施されたデータの鮮鋭化も可能ですが、
効果が低下するため非推奨となります。

・弊社製品・サービスは大量破壊・非人道目的での軍事利用、軍事転用等はできません。
※ご利用事例への掲載によるお値引き等を実施しています。ぜひご相談ください。

受賞・メディア掲載歴

お見積もり・ご相談は、こちらまでご連絡ください。
キャスレーコンサルティング株式会社 画像解析担当

TEL:03-6409-6363
MAIL:info@casleyconsulting.co.jp


以下のフォームからもお問い合わせいただけます。