キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)は、
外務省による、国連の持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)に関する
国内での取組を紹介するページ「JAPAN SDGs Action Platform」に取組事例として紹介されました。

「JAPAN SDGs Action Platform」は、今後オールジャパンとしてのSDGs達成に向けた取組を
国内外にアピールすべく、SDGs貢献にコミットする日本国内の企業・団体等のSDGs関連ページを
啓発するための特設ページです。

弊社では、

 ・法律難民を救うためのリーガルテック「Benzo」(=SDG16)
 ・保育士の働き方改革をITで実現する保育士支援システム「Hoisys(ホイシス)」(=SDG3・5)

をはじめとする、社会課題を起点とした自社サービス、システム開発支援を通じて
SDGs達成に向けて取り組んでいます。

これらの活動および実績等が、国内61社目の企業として外務省に認められ
2018年7月12日(木)に、「JAPAN SDGs Action Platform」の取組事例として紹介されました。

弊社では、今後もCSV(Creating Shared Value:共益価値の創造)の実現を目指し
SDGsを経営戦略に取り込んだビジネスを推進して参ります。

また、企業活動・事業活動を通じたアウトカム・インパクトを定量的に測定し
インディケーターレベルでの、SDGs達成にも取り組んでいきたいと考えております。

■持続可能な開発目標(SDGs)とは
ミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された
2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され
地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり
日本としても積極的に取り組んでいます
参考:国連広報センター(http://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/)

■本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社
CSV企画部 CSV/CSR推進室
広報担当:前田
info@casleyconsulting.co.jp
〒150-6031
東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階
TEL: 03-6409-6363 FAX: 03-6409-6364