キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)は、
米国・サンフランシスコで開催される世界最大級の光学技術展示会「SPIE Photonics West 2019」にて
画像鮮鋭化技術「ハイパー・デコンボリューション法(HD法)」を発表いたします。

SPIE Photonics West (以下SPIE) は、
世界中の光学系、レーザー、半導体技術などが一堂に会する、業界最大級のイベントです。

当日は、米国・サンフランシスコに世界各国の第一線の研究者、企業が集結し、
展示会形式で最先端技術や製品の発表が行われます。

弊社が開発した画像鮮鋭化技術・HD法は、国内研究機関での実証により
従来技術を上回る世界最高水準の高速処理性能、鮮鋭化性能を達成しており、
このたび世界市場への展開を開始するため、SPIEで技術発表を行うこととしました。

<HD法とは?>

純粋数学の研究者である弊社西形研究員の画期的な数学的発見を
デコンボリューション技術に応用したものです。

光学系の物理特性上生じる光の回折現象を、独自の数学的手法で除去・改善し、
レンズの物理性能を超えて結像させます。

従来技術であるウィナーフィルタや、リチャードソン・ルーシー法と比較して、
画像のコントラスト・分解能・エッジ特性の大幅な改善に加えて
圧倒的な超高速処理性能を持つことが特長です。

<応えるニーズ・分野>

昨今のセンサー性能向上により、4K/8K光学系では以下のような性能が求められます。
 ・画像処理速度の向上
 ・省エネルギー化
 ・レンズ性能に依存する、回折によるボケの改善

弊社HD法は、これらの課題を解決することで、産業用カメラ(FA/マシンビジョン)や
光学・共焦点顕微鏡、人工衛星、監視カメラなど、多岐にわたる光学系製品の
速度・精度を向上する事ができる画期的な技術です。

<技術の特長・期待される効果>

①超高速処理+デジタル画像の鮮鋭化
 従来の光学系で撮影されたデジタル画像を超高速に鮮鋭化が可能。

■従来技術比較 ウィナーフィルタ vs 弊社技術
 FHD画像 6,864ms/frame → 11ms/frame 約600倍高速
 4K画像 30,186ms/frame → 42ms/frame 約700倍高速
  ※市販PC (Intel Core i7-6700K 4.00GHz) での実行速度。
   GPU、FPGAでさらに高速化可能。

②認識系、機械学習、AIの性能向上
 従来の画像認識システム、画像の学習・AIシステムの前工程で
 当該技術を導入することにより、既存システムの認識率、学習精度、データ量削減、
 AIの判断精度向上などに大幅な性能向上が見込めます。

③光学系製品・サービスの性能向上
 弊社画像処理アルゴリズムを従来の光学系製品へ組み込みが可能(IP)。
 例えば、低性能レンズと高性能センサーの組み合わせに弊社技術を補完することで
 機器本来の性能を最大限に発揮させます。

<展示会での展示内容>

・画像鮮鋭化技術 HD法の実証結果展示
・HD法をコアエンジンに用いた画像解析ソフト Discovery V Series ※デモ展示
・HD法によるパターン認識・AIへの応用 Discovery AI Series ※コンセプト展示

技術展示・製品デモンストレーションを通じ、研究担当者と商談担当者がご説明致します。
ぜひ弊社ブースにてご覧ください。

皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

===
【開催概要】
名称:
 SPIE Photonics West 2019
 https://spie.org/conferences-and-exhibitions/photonics-west/for-photonics-west-exhibitors
主催:
 SPIE
日時:
 2019年2月5日(火)~7日(木)
場所:
 The Moscone Center(San Francisco, California, USA)
ブース番号:
 No. 5036

===

【開催参考】
●オプトロニクス社 Webサイト
 キャスレー,光の回折を超える画像鮮鋭化技術を展示
 http://www.optronics-media.com/news/20170331/46197/
●WIRED x Audi INNOVATION AWARD 2016: Next Innovator
 No.048「見える」の限界を突破するアルゴリズム
 http://wired.jp/wired-audi-innovation-award/next-innovation-audition/
===

 

弊社の掲げる経営理念である CSV : Creating Shared Value (共益価値の創造) においては、
マルチステークホルダ環境での共通の価値向上 (インテグレーション・マネジメント) が極めて重要です。

HD法の世界発表は、品質検査、遠隔医療・再生医療の研究加速、ナノレベル光学的検査装置の実現、
リモートセンシングや衛星バスの実現、環境破壊の観察精度向上、機械学習・AIのデータ削減・精度向上等
広範な産業・科学分野に貢献できる可能性があり、弊社経営理念の実現に欠かせないステップとなります。

■本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 企画部
CSV/CSR推進室 広報担当:前田
info@casleyconsulting.co.jp
〒150-6031
東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階
TEL: 03-6409-6363 FAX: 03-6409-6364