キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)は、
株式会社ソーシャルインパクト・リサーチ(本社:東京都新宿、代表取締役:熊澤拓、以下SIR)の開催する
「日本SDGs金融イノベーションフォーラム」に協賛いたします。

弊社が推進する CSV:Creating Shared Value(共益価値の創造)ビジネスにおいて、
経済的利益と社会課題の解決を両立する必要があります。

SDGs : Sustainable Development Goals (持続可能な開発目標)は
すべてのステークホルダーが相互協力しながら、社会課題を解決する取り組みであり、
この推進に寄与するSIRの取り組みに賛同し、セミナーに協賛することにいたしました。

【SIRからのメッセージ】

今回は、SDGsを普及させる上で最大の難問と言われているSDGs事業の社会的インパクトを
どのように評価するかを考えてみたいと思います。

この難問を考えるヒントを得るために、SDGs関連の事業を行なっているベンチャー企業に
ピッチ(事業説明)を行なってもらい、この事業の社会的インパクトを参加者がグループで
ワールドカフェ・意見交換を行います。

また、SDGs市民普及の第一人者である石井先生、
および金融インパクト評価の第一人者である熊澤代表によるSDGs白熱教室を行います。

===
<開催概要>
名称:
 日本SDGs金融イノベーションフォーラム
 ~SDGs事業の社会的インパクトをどのように評価すべきなのか?~
日時:
 2020年1月30日(木)18:25~21:00
 (※18:00開場)
場所:
 弊社セミナールーム
 (東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31F)
対象:
 SDGsに関心を持つ企業の方
 SDGsでイノベーションを起こしたい起業家
 大企業でSDGs新規事業を考えている方
 大企業でSDGsのインパクト評価に取り組んでいる方
 SDGs関連の事業で資金調達したい起業家
費用:
 3,000円
申し込み:
 http://ptix.at/bYJrl8

<プログラムの流れ>
18:25~18:30
 趣旨説明
18:30~19:30
 松尾直樹氏 SDGsベンチャーピッチ(20分):
  途上国未電化家庭用太陽光システム事業+ワールドカフェで社会的インパクトを考える
19:30~19:50
 グループ発表
19:50~20:10
 熊沢代表 SDGs金融白熱教室:
 「SDGs事業のインパクトをどう測ることができるのか?」
20:10~20:50
 石井さん SDGs白熱教室:
 「自分ごと化のための8つのフェーズ」
20:50~21:00
 現在進行中のフォーラムのプロジェクト紹介、交流会、インパクトレポートご提供
 (※内容、時間帯に関しては、変更される場合がございます。予めご了承ください。)

<登壇者プロフィール>

■松尾直樹氏 株式会社PEARカーボンオフセット・イニシアティブ代表取締役

(写真:1番左が松尾代表、2番目がノーベル経済賞受賞のグラミン:ユヌス博士)

エネルギーCDMの日本の第一人者
1961年     滋賀県で生まれる
1979~88年  大阪大学理学部/理学研究科[理論物理学専攻](理学博士)
1991~98年  (財)日本エネルギー経済研究所[エネルギーから地球温暖化問題を研究]
1998~2002年 (財)地球環境戦略研究機関[温暖化の戦略研究・政策提言を実施]
1998~2001年 (財)地球産業文化研究所[IPCC副議長サポート]
2002年~   (有)クライメート・エキスパーツ設立 代表取締役[世界最初のCDM方法論承認獲得]
2007年~   (株)PEARカーボンオフセット・イニシアティブ設立 代表取締役[途上国での事業開発]
2009年~   慶応義塾大学大学院 非常勤講師[低炭素社会設計論等を担当]
2017年~   (公財)地球環境戦略研究機関[温暖化の戦略研究・政策提言を実施]

□参考資料
 セキュリテ:途上国未電化家庭用太陽光システムファンド
  https://www.securite.jp/fund/detail/4137 
 SHS (ソーラーホームシステム)「EGAO」
  http://egao.lighting/

■石井雅章氏 神田外語大学言語メディア教育研究センター長 / 准教授

SDGs市民普及の第一人者
千葉大学大学院卒業。博士(学術)。
専門は社会学で企業の環境対策や持続可能な社会システム論が主な研究テーマ。
「未来の学びと持続可能な開発・発展研究会(みがくSD研)」では、メンバーとともに
SDGsに関する多様なワークショップを開発し、市民・企業・自治体等を対象に実践している。
関連の論文として「2030アジェンダ・SDGsを理解し、自分事化するためのワークショップの実践
6つの事例と自分事化のフェーズ」(武蔵野大学環境研究所、2019)がある。
環境省「持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための
民間活動支援事業」
関東ブロック・アドバイザリー委員、鶴ヶ島市まちづくり審議会会長

■熊澤拓氏 SIR代表パートナー

金融インパクト評価の第一人者。
慶応大学大学院修士課程修了、早稲田大学大学院博士、SBI大学院大学講師。
日本合同ファイナンス(JAFCO)ソフトバンクインターネットファンド ファンドマネジャー、
ウィットキャピタル ITセクターアナリスト、HSBC銀行 投資銀行部門 アソシエイトダイレクター、
三菱UFJキャピタルアナリスト

主催:
 日本SDGs金融イノベーションフォーラム
協賛:
 一般社団法人 環境金融研究機構
 キャスレーコンサルティング株式会社

弊社では、このようなSDGs推進に寄与する取り組みを行う企業・NPOに対し、
開催場所や開催機会を提供することで、社会を良くする支援を継続していきます。

■本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社
コーポレートセンター コーポレートブランドチーム
CSV/CSR推進室 広報担当:前田
info@casleyconsulting.co.jp
〒150-6031
東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階
TEL: 03-6409-6363 FAX: 03-6409-6364