キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)は、
パシフィコ横浜で開催される「OPIE(OPTICS & PHOTONICS International Exhibition) ’17」に出展致します。

OPIE17_4C

当日は、
「センサー性能を最高レベルへ!超解像時代の光学革命!」
をキーワードに、以下の展示を予定しております。

<技術展示>
・画像鮮鋭化技術の概要、技術説明
・光学顕微鏡を用いた実証実験結果
・サンプル画像を用いた実証実験結果
・従来技術との違い、処理速度等の実証実験結果
・発明者による詳細な技術説明

<試作品展示、デモンストレーション展示>
・画像鮮鋭化機能搭載FPGA-kit
・Web解析システム(試作品)
・市販の光学顕微鏡への応用例
・産業用/監視カメラシステム(試作品)

弊社技術は波動光学的に生じる避けられないボケ(回折限界)を鮮鋭化し、
従来の光学系の性能を大幅に向上させることのできる独自の画像処理技術です。

2016年には発明者の西形が WIRED x Audi INNOVATION AWARD 2016: Next Innovator として選出されたり、
光学分野で権威ある業界誌「月間オプトロニクス」2017年4月号では、本技術が数学的アプローチを用いた
”新型ノンブラインド デコンボリューション” として掲載されるなど、社会的にも注目され始めています。

回折限界によるボケ画像を鮮鋭化し、光学機器に以下の技術的メリットやビジネスチャンスをもたらします。

1 従来の光学系(レンズ+センサー)の組み合わせのまま、大幅な画像鮮鋭化性能が向上
→ レンズ性能による回折を低減、センサーの本来の性能を発揮できます
2 CMOSセンサー(裏面照射、有機薄膜等)との組み合わせ実装により用途を大幅に拡大
→ 出荷規模に応じ、センサーにIPとして組み込むことも可能です
3 高速処理、Web処理で新たな製品機能への展開が可能
→ 例えば動画によるバイオセルイメージングや、Webサーバーでのパターン認識・解析サービスへの展開など

弊社の技術は、従来の光学系を変更することなくFPGAやセンサーに処理を実装することで性能向上が実現でき、
幅広い用途に応用が可能です。

なお、今回の展示では、開発に成功したFPGAプロトタイプも展示致します。

<弊社画像鮮鋭化技術がマッチするお客様/弊社が協業を期待するお客様>
◆光学機器メーカー様(顕微鏡、顔認証カメラ等)
従来の光学製品のハードを変更せず、性能を向上したい
◆レンズメーカー様
量産型レンズの販売拡大を実現したい
◆センサーメーカー様(CMOSセンサー等)
新たなセンサーを開発したい
◆大学、研究機関様
画像処理とFPGAを組み合わせし、回路や高速処理の実証実験をしたい
顕微鏡画像(共焦点、バイオセルイメージング等)の鮮鋭化の実証実験をしたい
パターン認識の精度を向上したい
過酷環境下(宇宙観測等)での光学系性能を向上したい

など

機器のデモンストレーションを通じ、研究担当者と商談担当者がご説明しますので、ぜひ弊社ブースにてご確認ください。

===
【開催概要】
名称:
OPIE ’17
https://www.opie.jp/index.php
主催:
株式会社オプトロニクス社
日時:
2017年4月19日(水)~21日(金)
10:00~17:00
場所:
パシフィコ横浜 展示ホール/アネックスホール
ブース番号:
E-17
===
【開催参考】
オプトロニクス社 Webサイト
キャスレー,光の回折を超える画像鮮鋭化技術を展示
http://www.optronics-media.com/news/20170331/46197/
WIRED x Audi INNOVATION AWARD 2016: Next Innovator
No.048「見える」の限界を突破するアルゴリズム
http://wired.jp/wired-audi-innovation-award//
===

■技術に関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 企画部
主任研究員 西形(にしがた)
jun.nishigata@casleyconsulting.co.jp

■本リリースに関する連絡先
キャスレーコンサルティング株式会社 企画部
CSV/CSR推進室 広報担当:前田
info@casleyconsulting.co.jp
〒150-6031
東京都渋谷区恵比寿 4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー31階
TEL: 03-6409-6363 FAX: 03-6409-6364