キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅、以下弊社)は
“「スーパーシティ型」国家戦略特別区域への応募に向けた連携事業者(候補者)”に選定されました。

延岡市HP掲載はこちら


内閣府が公募を行っているスーパーシティ型国家戦略特別区域への応募に向けて、延岡市が一緒に連携して取り組む事業者の公募を行ないました。
こちらに企画提案書を提出し、審査結果が令和3年3月1日に発表され、弊社が連携事業者の候補者に選定されました。


【制度の概要】
国家戦略特区制度は、成長戦略の実現に必要な、大胆な規制・制度改革を実行し、「世界で一番ビジネスがしやすい環境」を創出することを目的に創設されました。
経済社会情勢の変化の中で、自治体や事業者が創意工夫を生かした取組を行う上で障害となってきているにもかかわらず、長年にわたり改革ができていない「岩盤規制」について、規制の特例措置の整備や関連する諸制度の改革等を、総合的かつ集中的に実施するものです。


「スーパーシティ」構想とは

地域の「困った」を最先端のJ-Techが、世界に先駆けて解決する。 「スーパーシティ」構想はこうした「まるごと未来都市」の実現を、地域と事業者と国が一体となって目指す取組みです。同構想は、内閣府特命担当大臣(地方創生)の決定により、開催された「スーパーシティ」構想の実現に向けた有識者懇談会がその基本構想を取りまとめました。

「スーパーシティ」構想について詳しくはこちら